驚愕!男性教師「スクールセクハラ」の実態

増加する、男子生徒へのわいせつ行為

同校の教頭は、「きちんとした先生で、授業も部活も、ともに熱心に指導していたようです。不審な言動もなく、予兆はまったく感じなかったですね」

愛知・常滑市では、小学校の教頭が、市立図書館の男子トイレの個室の上部から、隣の個室の男子高校生(17)を盗撮するというわいせつ行為を行った。

隣のトイレから差し出されたスマートフォンに気づいた被害者が、男を追跡し身柄を確保。問いただすと「ごめんなさい。許してください」と認め、駆けつけた県警常滑署の警察官に引き渡した。

既婚者で子どももいる教頭が図書館の男子トイレで盗撮

県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、同県東海市立小学校の教頭・南雲陽一容疑者(54)。

東海市教育委員会は、

「誠実でまじめ、子どもに対しても一生懸命、取り組んでいたと聞いています」

と、人柄を説明。既婚者で子どももいるという。

今年4月に赴任し、社会科の教員から教頭に昇進した。世間的に見れば、地位も分別もある立場の人間が、どこの誰かもわからない、トイレに入っている男性の姿をスマホで、なぜ撮ろうとしたのか。

市教育委員会は、「大変残念です。教職員に対し指導をして、再発防止に努めていくとともに、子どもたちの心のケアを行うため学校と相談して、スクールカウンセラーの派遣などを行っていきたい」と教頭逮捕に動揺する生徒のケアを約束した。

県教育委員会は、

「捜査の進展を待ち、事実関係を確認してから、事実であれば厳正に処分していきます」

初犯か、常習犯か。事実が明らかになれば、これまで築いてきた多くのものを失うことになる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT