マニラ、ダカール、なぜ途上国で働くのか?

「グローバル人材」たちの苦労と葛藤(2)

子どもを幸せにしたいなら、自分も幸せに

マニラの貧困地区の、2012年の台風の被害の様子

彼女は卒業後、日本の財団に職を得た。途上国支援にも携わっていたのだが、やはりフィールドに出て現地の人たちと一緒に仕事をしたいという思いを忘れられず、しばらく後にフィリピンのマニラにあるNGOに転職した。そこで彼女はストリート・チルドレンの支援や職業訓練に携わった。

女性が単身で途上国に住むのは容易ではなかろうと思う。だが本人は「苦労はなかった」と明るい声で言い切った。フィリピンはとても陽気なカルチャーで、フィリピン人の職員がオフィスで突然大声で歌い出すような職場だったそうだ。「子どもを幸せにしたいなら、自分も幸せにならなくてはいけない」。そういう考えを持つカルチャーで、それが肌に合ったという。彼女は子どもが好きな人だから、きっとあのえくぼを浮かべながら、フィリピンで充実した日々を送っていたことだと思う。

イエメン人の同僚と、トルコにて

櫻井さんは現在、子ども支援専門の国際NGOであるセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンに移り、シリア紛争人道支援に携わっている。アメリカ留学を決意した当時の、「子どもたちが犠牲になる不条理な世界を変えたい」という信念は変わることなく、今はレバノンやシリアに暮らす紛争下の子どもたちに支援を届けるため、日々奔走している。

次ページ留学をきっかけに「やりたいこと」を見つける
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。