マニラ、ダカール、なぜ途上国で働くのか?

「グローバル人材」たちの苦労と葛藤(2)

日本で就職しておけばよかった……

しかも授業はほとんどがディスカッションやプレゼンテーションから成るものだった。アメリカ人たちが大声・早口でああだこうだと言い合っている中で自分の意見を言うことができず、ただ黙って座っているしかなかった。ディスカッションにまったく貢献できないことがつらく、自分の存在価値がわからなくなったという。どうしてこんなつらい道に進んだのか、日本で就職しておけばよかった、と思うことも度々だった。

彼女のBUでの指導教員はカレンという老淑女だった。彼女はある日、カレンに相談に行って、こう打ち明けた。自分はまったくディスカッションに貢献できず、このプログラムにいる意味を見いだせない。だから一度BUを休学し、語学学校に通って英語力をつけてから戻ってこようと思う、と。

するとカレンは、“be patient” (辛抱しなさい)とアドバイスをくれたという。そしてカレンは彼女が担当する授業で、櫻井さんからそのような相談があったことは一切触れることなく、クラスメイトたちにこう促したという。

「あなたがたが将来、働くことになるであろう国際機関には、英語が不得手な外国人も多くいます。だから、相手にちゃんと伝わるように議論をする練習をしてください」

ボストン大学卒業式の日に

それを聞いて櫻井さんは感動し、頑張ろう、と思ったという。結局、彼女は休学することなく2年間のプログラムを終え、学位を取った。

2年目になると慣れてきて、ディスカッションもアメリカ人と対等にできるようになったし、わからないときにはわからないと言う度胸もついた。

そして何よりも、その間に「自分はやはり国際教育開発で一生生きていきたい」と強く思うようになったそうだ。

次ページ子供を幸せにしたいなら、自分も幸せにならなければ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。