令和初公開!48中核市の「幸福度」ランキング

安定した基盤をバックに上位に入ったのは?

総合1位の豊田市では「豊田おいでんまつり」が開催される(写真は2019年、ram87/PIXTA)

地域社会に生きる人々の幸福を考えるきっかけをつくることを目指して、2012年から、2014、2016、2018年と2年ごとに(一財)日本総合研究所が発表している『都道府県別幸福度ランキング』。同調査の最新結果が明らかになった。

先日配信した都道府県ランキング政令指定都市ランキングに続いて、今回は中核市ランキングを紹介する。

同調査では、地域の社会的状況や構造を示す6つの基本指標と、人々の幸福感を具体的に評価する尺度として「健康」「文化」「仕事」「生活」「教育」の5分野・33指標を設定。合計39指標を総合して、中核市の「幸福度ランキング」を算出している。

【2020年10月9日13時10分追記】初出時、データの一部に誤りがあったため、ランキング表と本文を一部修正しました。

豊田市が3回連続の首位に

総合ランキングの1位は豊田市。2016年版、2018年版から3回連続での首位となった。

トヨタ自動車に代表される自動車産業が住民生活を支える強固な基盤となり、基本指標と仕事分野は2016年から1位をキープ。健康分野の順位も前回の7位から今回は2位に上昇しており、市民の健康意識の高まりもうかがわれる。

総合2位は岡崎市だ。基本指標が2位となったほか、健康分野、仕事分野、生活分野でも上位を維持。その結果、総合ランキングは前回の5位からジャンプアップした。

3位は高崎市。基本指標の改善が顕著(前回23位→今回12位)で、2018年版の総合6位から上昇した。生活分野(9位→4位)、教育分野(18位→11位)も上昇しており、安定した生活環境と充実した教育環境の整備が進んでいる。

次ページ分野別のランキング上位は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT