令和初!20政令指定都市「幸福度」ランキング

前回2位からトップに返り咲いた市は?

総合1位は、日本サッカーの新聖地「埼玉スタジアム2002」があるさいたま市(写真:K@zuTa/PIXTA)

地域社会に生きる人々の幸福を考えるきっかけをつくることを目指して、2012年から、2014、2016、2018年と2年ごとに(一財)日本総合研究所が発表している『都道府県別幸福度ランキング』。同調査の最新結果が明らかになった。

先日配信した都道府県ランキングに続いて、今回は政令指定都市ランキングを紹介する。

同調査では、地域の社会的状況や構造を示す7つの基本指標と、人々の幸福感を具体的に評価する尺度として「健康」「文化」「仕事」「生活」「教育」の5分野・40指標を設定。これらを総合して、政令指定都市の「幸福度ランキング」を算出している。

【2020年10月9日13時10分追記】初出時、データの一部に誤りがあったため、ランキング表と本文を一部修正しました。

総合1位はさいたま市が返り咲く

20ある政令指定都市の中で総合ランキング1位となったのは、さいたま市だ。前回2位から首位に返り咲いた。「人口増加率」や「勤労者世帯可処分所得」で1位となっており、都心へのアクセスのよさを背景にベッドタウンとして成長を続けている。

また、文化分野では「書籍購入額」が2016年版から毎回順位を上げており、今回で1位に躍り出た。余暇・娯楽領域でも順位は高いほか、健康分野でも上位を維持している。

総合2位は、前回1位だった浜松市。個人や家族の生活指標は徐々に順位を上げている。「生活保護受給率」「一人暮らし高齢者率」の低さからは、地域社会に根ざした強固な生活基盤が形成されていることが読み取れる。

一方で、文化分野と教育分野では、前回から順位がやや低下した。その結果、2018年版からは1ランク順位を落とす格好となった。

次ページ分野別のランキング上位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT