オンライン授業で飽きる人に伝えたい鉄則3選

「家に通学する」ことでオン・オフを切り替える

そして最後に、オンライン教育を受講するときの秘訣は、「通学する」ことです。「オンラインなのに通学??」と思った方も多いことでしょう。通学がないからこそのオンライン教育ではないか、と。ここがミソなのです。

オンライン教育が飽きやすい原因の1つに「オン・オフの切り替えがつきにくい」という点があります。学生であれば学校に行くという行為自体が、社会人であれば通勤するということ自体が1つのルーティン化していて、その場所に行くまでに気持ちを整え、やる気を湧かせる役割を果たしています(よほど授業や会社が嫌いなケース以外は……)。

私は、在宅勤務を始めた当初、家でなかなか集中力が持続しないことに悩んでいました。しかし、あるときから「家に出勤する」という概念を取り入れ、在宅勤務での集中力が持つようになりました。具体的には、家の周りを一定時間ランニングしたり散歩したりすることで、在宅勤務であっても「家に出勤する」という状況を作り出せたのです。これによって、いつもの出勤というルーティンを脳も体も思い出し、集中力が保ちやすくなりました。ポイントは、通常の通勤と同じくらいのほどほどの運動量です。

「家に通学」のルーティン化でスイッチを入れる

これはオンライン教育の場合にもまったく同じことがいえます。例えば、いつも家から学校まで徒歩10分と電車20分、合わせて30分かかっているのであれば、家の周りを10~15分程度歩き「家に通学」してオンライン教育を受ける。「家に通学」することで、脳と体にスイッチが入り、集中力を保ちやすくなります。バカみたいな行動に思えるかも知れませんが、だまされたと思って1度実践してみてください。家に戻ってきたときに「よし、やるぞ」となっていること請け合いです。

さらに、通学の場合には、可能な限り「家に通学」する時間も決めてください。今日中にオンライン授業を受けてください、という指定であったとしても、「今日の9時に授業を受け始めよう」といった形で明確にオンライン授業の開始時間を決めるのです。そうすることで、より「家に通学」することの効果は高くなります。

提供する側はインタラクティブ性を持たせ、手を動かした授業を実施、受講する生徒は「家に通学」する。こういったオンライン教育の秘訣を実践すれば、飽きないオンライン教育を実現することは可能だと考えています。

昨今では、オンライン授業に慣れない先生方が授業準備に苦労している、という話も耳にしますが、対面型の授業をそのまま配信するというスタンスではなく、オンライン教育に適した形での授業配信という視点を持ってみると変わっていけるかもしれません。2020年、一気に市民権を得たオンライン教育が、社会の当たり前になっていくことを切に願っています。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT