「プロデューサー豊原功補」が目指す映画の形

製作会社立ち上げ映画「ソワレ」を劇場公開

映画の製作会社「新世界合同会社」を立ち上げ、映画『ソワレ』をプロデュースした豊原功補 (撮影:尾形文繁)
豊原功補、小泉今日子ら数人で立ち上げた映画の製作会社「新世界合同会社」。その第1回プロデュース作品『ソワレ』が8月28日よりテアトル新宿ほか全国で公開される。
メガホンをとるのは、「映画監督外山文治短編作品集」が、映画関係者やファンの間から高い評価を受けた新鋭・外山文治監督。和歌山県御坊日高の美しい自然を背景に、若き男女の逃避行を描き出した物語だ。
主演は短編作品『春なれや』以来、外山監督とは2度目のタッグとなる村上虹郎。ヒロインは、100人以上のオーディションで選ばれた注目の若手女優・芋生悠(いもう・はるか)。本作をプロデュースするのは俳優の豊原功補。今回、初の映画プロデュース作を手がけた豊原に話を聞いた。

外山文治監督作品に衝撃を受けた

――本作では豊原さんがプロデューサー、小泉今日子さんがアソシエイトプロデューサーとして参加されていますが、『映画監督外山文治短編作品集』を観たのがきっかけだそうですね。

中でも、(老老介護を題材とした)『此の岸のこと』にはビックリさせられました。映画を観ていて、これは普通の映画じゃないぞと思ったんです。ある種ドキュメンタリータッチな作品なんですが、監督自身が意図したかどうかは別として、ところどころで観る側に非常に純粋な男女の気持ちや、生きてきた時間というか、人間そのものが生きることって何だろうということを感じさせる。

(劇中では)奥さんを介護しているんですが、拒絶される旦那さんの苦悩に涙腺が崩壊してしまいまして。珍しい監督がいるもんだなと思ったんです。ある種地味な映画なんですが、そういう映画って、自主映画的な作品の中でもどこか置いてきぼりにされてしまうのかなと思って。とにかく面白い監督がいるなというのがすごく印象に残っていたんです。

この連載の過去記事はこちら

――実際に外山監督にお会いしてみての印象はどうだったのでしょうか。

たまたま彼と食事をする機会があったので会ってみたら若いんですよね。「なんであんな映画を撮ったの?」というくらい驚きました(笑)。もちろん(芳根京子主演の短編映画)『わさび』とか、(吉行和子、村上虹郎出演の短編映画)『春なれや』とか、(吉行和子主演の長編映画)『燦燦-さんさん-』といった作品を観れば、映画監督をなりわいとしてやっていく人なんだろうなということは非常によくわかりましたけどね。

次ページ映画界に対する疑問がわき起こった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT