「パラサイト」がアカデミー賞を受賞できた理由

ポン・ジュノが築いた「映画史に残る大傑作」

なぜ韓国映画『パラサイト』はアカデミー作品賞を受賞できたのか?(写真:Collection Christophel/アフロ)

「この映画は、たぶん作品賞を取らない。自分の中の悲観的な自分がそう恐れている。僕はそれを受け入れる。僕はこの映画について書いてきた。自分が所属するL.A.映画批評家サークル賞でこれに投票した。作品だけでなく、監督と助演男優部門にも」

賞レース専門家のグレン・ウィップはアカデミー賞授賞式当日の米紙ロサンゼルス・タイムズで、韓国映画『パラサイト 半地下の家族』が作品賞を取る可能性の低さについて、そう嘆いた。

別の紙面では、ベテラン映画批評家のケネス・トゥーランとジャスティン・チャンが各部門の受賞予測をしている。トゥーランは、ほとんどの専門家同様、『1917 命をかけた伝令』が作品賞を取ると予想していた。だが、その少し前に行われた予測記事で、全6人中ただひとり『パラサイト』を挙げていたチャンはここでも今作に望みをかけていた。

「わかっている。こんな予想をするのは、愚かだろう。(中略)しかし、去年のROMA/ローマより、ポン・ジュノによるこの映画は、初の英語でない作品賞受賞作となる可能性が、ずっと高くある。その資格がある作品だ」と、彼は評している。

「パラサイト受賞」は映画史に残る大事件

チャンの予感は的中した。いや、願いがかなったというほうが正しいだろう。現地時間9日のアカデミー賞授賞式で、『パラサイト』は外国語映画のために用意されている国際長編映画部門(旧・外国語映画部門)にとどまらず、脚本部門、監督部門、そして最も名誉のある作品部門の4部門を制覇したのだ。

アカデミー賞の作品部門が外国語映画に与えられるのは史上初のこと。そもそも、韓国映画が何らかの部門にノミネートされること自体、初めてだった。まさに歴史を変える大事件が起こったのである。

その直前まで受賞の最有力候補と考えられていたのはサム・メンデス監督の『1917』。戦争もので、イギリス出身の監督とキャスト(アカデミーのイギリスコンプレックスは昔からよく言われている)、ドラマチックでリアリティがあり、最後には観客を感動させるこの映画は、どこから見ても「アカデミー受け」する作品だ。アカデミー賞の前哨戦として注目されるプロデューサー組合賞(PGA)を受賞したことで、今作はほぼ王手をかけた状態にあった。

次ページそれでも、なぜ『パラサイト』が選ばれたのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。