「パラサイト」がアカデミー賞を受賞できた理由

ポン・ジュノが築いた「映画史に残る大傑作」

「パラサイトは、作品賞を取るべき映画。だがパラサイトは作品賞を取れない」という文で始まるその記事で、チャンは「海外の映画通は米アカデミーが自分たちの庭しか見ないとわかっている」と、シニカルに指摘。大多数のアカデミー会員はそれを変えたいと思ってもいないとも述べた。

続いて彼は、「オスカー作品賞を取ることでパラサイトがさらに優れた映画になるわけではない。また、取らなかったからといって劣る映画になるわけでもない」と、冷静な観点からアカデミー賞の意味や存在について考察。

最後は、「パラサイトには、もうこれ以上何かを証明する必要はない。アカデミーには、その必要がある」と、説得力を持つ言葉で締めくくっている。

『ROMA』と『パラサイト』の違い

彼や同様の意見をもつ業界関係者の言葉にどれほど影響力があったのか、正確にはかることはできない。だが、そもそも『パラサイト』がつまらないなら、どう言われたって人は投票しない。同作が支持を集めたのは、素直にこれは良い映画だと思ったからだ。

それが、理由その2。『パラサイト』は、多くの人が純粋に「おもしろい」と感じる映画だったのである。そこは昨年アカデミー賞作品賞にノミネートした『ROMA』との違いでもある。

2019年のアカデミー賞で『ROMA』がギリギリまで『グリーンブック』と争いつつも敗れた背景には、外国語映画であることのほかに、Netflixに作品賞をあげることへの強い抵抗が挙げられた。しかし、それ以前にあの映画を「心から」好きだった人は実のところ、それほど多くなかったのではないか。映画館で見た人はともかく、自宅で見た人からは、あの延々と続く冒頭のシーンですでに飽きてしまったという声も聞いた。

次ページ『パラサイト』の見事な構成
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。