東大野球部・前監督が選手に伝えた7年間の金言

万年最下位チームを率いた男が持ち続けた矜持

東京大学野球部監督時代の浜田一志氏(写真:筆者撮影)

日本の大学野球の最高峰ともいえる、東京六大学野球連盟。同連盟に1925年から加盟し、253勝1658敗56分けという記録を残しているのが、東京大学運動会硬式野球部だ。

浜田一志氏は、2013年春季から2019年秋季まで、7年14季にわたって同部の監督を務めた。浜田氏はどんな方針で弱小野球部を率いたのか。その胸の内を聞いた(取材はリモートで実施した)。

実感したのは選手のレベル感の違い

浜田氏は高知県の土佐高校時代、強打の外野手として鳴らした。野球部引退後に一念発起して東京大学を受験し、合格。大学では東大のシーズン本塁打(1985年春:3本)、1試合最多本塁打(1985年春・対立教大学2回戦:2本)記録をマーク。4年次の1986年には主将としてチームを引っ張った。

卒業後、東京大学大学院工学系研究科に進学し、材料工学を専攻。大学院修了後は新日本製鉄(当時)に入社。1994年に独立し、文武両道を目指す「部活をやっている子専門の学習塾」としてAi西武学院を開業した。その傍ら、2013年に東京大学野球部監督に就任した。

東京六大学野球連盟に加盟しているほかの5大学がスポーツ枠などで有力な選手を獲得する中、最高学府・東京大学は受験を突破した学生だけでリーグ戦を戦っている。東京大学野球部監督に就任して、実感したのはどういうことだったか。

「まず、選手のレベル感の違いですね。高校時代、夏の地方大会1回戦で負けて『よく頑張ったね』と言って野球生活を終わった子が入ってくるんです。“就職活動”みたいなヒリヒリする戦いを甲子園でしてきた子とは、レベル感が違う。入学時には、メンタリティーも体力も大学1年生と中学3年生くらいの違いがあります。

だから『自分たちが目指すレベルはここだよ』ということを身をもって知ることから始める。どれくらい差があるかを実感し、その差を埋めるためにどんな努力をするのかを、各自が知ることから始める。東大生は自分たちが納得すると、それに向けて努力を続けるのはお手の物です。

ただし、走攻守3つとも追いつこうとしたら10年かかる。どれか1つでも、実質2年半の大学野球で追いつくにはどうしたらいいのかを考え始める」

次ページどうやってチームを変えたのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT