フランスの高齢者が「1人暮らし」望む根本理由

独居をサポートするユニークな制度もある

90歳を過ぎると、ランチをともにするのも困難になってきましたが、それでも家族は集まり続けました。平日は息子である、父と兄弟、そして私を含む孫4人が代わる代わる少しの時間でもいいから、と彼女の様子を見に行っていました。みな、できるかぎりのことをしようとしていたのです。

それでも、メメがプロの助けを必要としているのは明らかでした。息子が自らの母親の入浴などを手伝うのは体力的だけでなく、精神的にも大変なうえ、入浴を含めたあらゆることへの対処法はヘルパーの方がよく知っているからです。

筆者と祖母の「メメ」(写真:筆者提供)

彼女自身も、自分が大好きなアパートで1人暮らしを続けたいという思いがあり、私たちもその希望を叶えるために、できるかぎりのことをしたいと思いました。そこで私たちは、パリ市を通じてある団体を見つけ、朝と夕方に介護士1人、週に1回看護師に来てもらうようにしたのです。

子どもと連絡を取っていない人も

彼女たちは素晴らしい仕事をしてくれました。晩年、メメは歩くことができず、目も見えなくなっていましたが、それでも彼女の心は“パーフェクト”なままでした。おしゃべりが大好きで、若い頃に習った詩を私たちに暗唱してくれました。

介護士を頼んでからも、私たちは従来通りメメを訪ね、その日の話をしたり、歌ったり、愛を語り合ったりしました。そして、最愛の祖母は99歳4カ月でその生涯を終えるまで、自らのアパートで1人暮らしをすることができたのです。100歳を迎えられなかったのはとても残念でしたが、私たちは最後までメメとすばらしい時間を過ごせました。

メメは1人暮らしでも家族に囲まれていましたが、日本と同様、フランスでも高齢者の孤立は問題になっています。前述のCCNEの調べでは、1人暮らしの高齢者の5割は友人や社会とのつながりがなく、4割は子どもと連絡を「とっていない」「ほぼとっていない」そうです。

一方で、フランスでは高齢者施設に入居する人が増えているものの、本人の意思に反して入れられている人が少なくなく、独立性や自主性を奪われたこうした人たちがうつに陥るケースもあるとしています。

こうした中、独居高齢者を支援する制度があります。2015年の65歳以上の生活費は1カ月2094ユーロ(約26万円)と高額ですが、2005年以来、高齢の低所得者を支援する連帯手当があります。

次ページ1人暮らしを可能にするユニークな制度
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT