コロナ太りの特効薬「やせエアロバイク」5秘訣

ギネス記録更新「レジェンド葛西紀明」が解説

ランニングと同様の効果が得られるエアロバイクは、おすすめのトレーニングです(写真:夢見る詩人/PIXTA)
スキージャンプW杯個人最多出場回数(569回)で「ギネス世界記録」を更新した葛西紀明選手。41歳で自己最高の「個人銀メダル」を獲得し、史上最多の計8回の冬季五輪に出場、48歳の今なお現役選手として活躍する葛西選手は「レジェンド」と称され、国内にとどまらず海外でも尊敬を集めている。
その葛西選手が38年間「企業秘密」にしてきた「疲れない体」と「折れない心」のつくり方を余すことなく1冊にまとめた『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』には何が書かれているのか。本書籍の内容を再編集しながら、最新のインタビューも交えて、その極意を紹介していく。

外出自粛でも「エアロバイク」なら自宅できる!

スポーツジムやレジャー施設の利用が緩和されたとはいえ、コロナ騒動は一向に安心できるレベルではなく、いまだ自主的にスポーツジムでの運動を避けている人も少なくないのではないでしょうか。

『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

私自身、国内での合宿が始まったものの、例年に比べれば、圧倒的に「自宅でトレーニングをする機会」が増えています。ジムに行けば運動モードに入りやすい人も、家ではついダラダラしてしまい、運動不足になりがちですよね。

普段、私にとって、欠かせないトレーニングの1つが「ランニング」です。子どものころから、ランニングは日常であり、リフレッシュの手段でもありました。

ただ、今回のコロナ禍で、外出もままならなかった時期にランニング代わりに行っていたのが「エアロバイク」です。

自宅にいながら、ランニングと同様の効果が得られるエアロバイクは、長期化しそうなコロナ禍に、ぜひみなさんに強くおすすめしたい「慢性的なコロナ太り」に効く「特効薬」とも呼べるトレーニングだと、自分自身でやってみて思いました。

やってみて実感したのが、エアロバイクは、自宅でもできるので、「コロナ太り」が気になる人、あるいは、40代以降、運動がなかなか続かない人におすすめということです。

では、私が実際にやってみて実感している「エアロバイクを上手に続けて、コロナ太りを解消する5つのコツ」を紹介します。

次ページ「時間」と「頻度」はどうする?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT