コロナ太りの特効薬「やせエアロバイク」5秘訣

ギネス記録更新「レジェンド葛西紀明」が解説

最後のコツは、「テレワークが増える今だからこそ、『朝エアロバイク』がおすすめ」ということです。

【5】コロナ禍だからこそ「朝エアロバイク」がおすすめ

「朝は忙しいから、なかなか走る時間がとれない」という人も多いと思いますが、テレワーク期間中は通勤する時間帯を「朝エアロバイク」や「朝ランニング」に充てることをおすすめします。

「朝エアロバイク」は、頭も体も研ぎ澄まされて「今日も1日頑張ろう!」というパワーが出てくるのと同時に、ストレス解消にもつながります。

また、エアロバイクがいいところは「テレビを見ながら」できること。朝のニュース番組を見ながら、軽く運動するのにぴったりです。

「朝エアロバイク」や「朝ランニング」には1日を楽しく過ごせる要素がたくさんあります。テレワークで朝に多少の余裕が持てるコロナ禍にこそ、おすすめです。「いい習慣」が身につくように、ぜひ一度、挑戦してみてください。

40代は「ストレスを感じない目標設定」が継続のカギ

運動が続けられない理由は、「長時間やらないといけない」「毎日続けなければいけない」というような「高すぎる目標」によることが多々あります。

そこで「ストレスを感じない目標」にすることで、40代になっても、無理なく十分に運動が続けられるようになるはずです。

「毎日やらなければいけない」という義務感を持つ必要はありません。「ストレスを感じない」からこそ、運動も「続けよう」という気持ちになるのではないでしょうか。

画像をクリックすると政治、経済、企業、教育、また個人はどう乗り切っていけばいいか、それぞれの「コロナ後」を追った記事の一覧にジャンプします

ビジネスパーソンの方々に「ハードな運動」は必要ありませんが、日々、少しでも体を動かすことは「疲れない体」をつくることにも大きくつながると私は感じています。

コロナ禍で家にいる時間が増えているからこそ、また働き方に変化があったからこそ、「継続できる運動の習慣」を身につけるチャンスです。

最近では、低価格で購入することができるので、自宅にスペースがある方は、ぜひエアロバイクを取り入れてみてください。エアロバイクを上手に使えば、「飽きずに運動を続ける」ことができ、結果として「疲れない体」を手に入れることができる──私自身、自粛期間中に取り入れてみた経験から、そう確信しています。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT