コロナ太りの特効薬「やせエアロバイク」5秘訣

ギネス記録更新「レジェンド葛西紀明」が解説

3つ目のコツは、「汗をかく爽快感」を知ることです。効率的に汗をかくために、私は「サウナスーツを着て運動する」ことをすすめています。

【3】「サウナスーツ」を着て、効率的に汗をかく

私は、「サウナスーツ」を着て、ランニングやエアロバイクをすることがあります。「サウナスーツ」を着なくても十分に汗をかきますが、サウナスーツを着ることで、さらに大量の汗が出てきます

大量に汗をかいた後の「爽快感」は格別です。もしかすると、この「爽快感」が「また体を動かしたい!」と思う原動力になっているのかもしれません。頭がすっきりしてリフレッシュ効果も絶大なので、ぜひ試してみてください。

ただし、サウナスーツを着ることで運動量が上がり、疲れてしまったり、逆にストレスにつながったりすることもあるので「無理は禁物」です。とくにこの時期は、室内の温度に注意し、熱中症にはならないよう、くれぐれも気をつけてください。

飽きないために、「日によってやること」を変えよう

【4】日によって「やること」を変える

先ほど、「あえて運動しない日を作る」と述べましたが、仮に毎日運動する場合でも、無理のないように、飽きないように、「日によってやること」に変化をつけるのがおすすめです。

例えば、会社に行ったり、自宅で作業をしたりと、コロナ禍での仕事環境の変化に合わせて、会社に行く日や雨の日は「エアロバイク」、テレワークで朝に余裕があるときは「ランニング」など、臨機応変に内容に変化をつけてみましょう。「今日は何をしよう」と考えることから楽しくなるかもしれません。

いまおすすめした「サウナスーツを着てエアロバイクをする」にしても、毎日やると負担も大きくなるので、「サウナスーツを着てやる日」と「サウナスーツを着ずにやる日」と分けるのもいいと思います。

実際、私自身、コロナ禍での自宅トレーニング中、「月・水・金はサウナスーツを着てエアロバイクをこぐ」ようにし、「火・土は普通のトレーニングウェアで少しラクな運動を」などと心がけていました。

次ページ「最後のコツ」は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT