無料サービスをバカにする人が知らない稼ぎ方

絶対数やデータを押さえ長い目で戦えば勝てる

ただし、いくらクラウド型にしてコストを抑えているとはいえ、収益源もなくフリーで提供できるわけはない。その収益源は、製薬会社などからの広告費や、高機能版を利用するプレミアム会員からの課金収入があるが、それだけにとどまらない。

収集した大量の医療ビッグデータを活用し、それを匿名加工したデータベースを、製薬会社や医療機関に有料で提供したり、医療分析ソリューションなどを提供したりして収益を得ているのである。

そして、電子カルテはいわば規格だ。ほかの病院との連携、転属しても慣れたソフトウェアが使用できる、ビッグデータからの意思決定支援アドバイスをもらえるなど、ユーザである医者が増えれば増えるほど医者1人ひとりの効用が増加する。そう、ネットワーク効果が働いているのである。

一見すると、電子カルテのような高額なものをフリーにして、利益が出るわけがないと思いがちだ。しかし、あえてフリーにするのが困難そうなところをフリーにし、ネットワーク効果によって市場で大きなシェアをとる。

そのうえで、ビッグデータを販売し、ソリューションまで提供することで、儲けているのである。

必要なのは長い目でビジネスを考えられる風土

ここまで、「ネットワーク効果」「フリー」「データ」を組み合わせて相乗効果を生み出し、「儲ける」メカニズムと策を見てきた。しかし、これらを組み合わせれば必ず成功し、すぐに利益が出るのかというと、そのようなことはもちろんありえない。

日本国内でアクティブユーザ数4500万人以上、世界では3億人以上を誇るツイッターを例に考えてみよう。

ユーザ間に強いインタラクティブ性を持たせることで、「ネットワーク効果」を働かせている。そして、ユーザは無料ですべての機能を使うことが可能な「フリー」なモデルだ。データも広告のターゲティングに用いたり、他社に販売したりすることで収益をあげている。まさに、「ネットワーク効果」「フリー」「データ」の3つで巨大化したサービスである。

そのように「誰でも知っているサービス」であるツイッターだが、実は近年まで赤字続きであったことをご存じだろうか。図2は、2010~2017年における、ツイッター社の営業利益率とユーザ数推移を描いたものである。

図2 ツイッターのアクティブユーザ数と営業利益率推移(出所:ツイッター社のIR資料より筆者作成)

この図を見ると、早期に大量のユーザ数を抱えているにもかかわらず、2016年まで大きな赤字を出し続けており、2017年になってやっとわずかに黒字に転じていることがわかる。ツイッターは2006年に誕生したサービスであるので、実に黒字化まで10年強かかっているといえる。

次ページ新サービスには5年以上の赤字を覚悟せよ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT