楽天モバイル「格安プラン」だけで勝てない理由

災害時の通信品質や大容量プランに不安感

「政府が思っている以上の(価格の)下げ効果が出る」と話す楽天の三木谷浩史社長(撮影:風間仁一郎)

楽天傘下の楽天モバイルは9月6日、10月からスタートするMNO(自前の通信設備を使った携帯電話事業)について、サービス開始当初は無料の利用者(サポーター)を5000人募って実施するトライアル(試験運用)のみにとどめると発表した。

データ通信や通話は無制限。まずサポーターで通信などの安定性を確認してから、事業を本格的に拡大させる計画という。

基地局の整備が遅れ、広がる懸念

楽天の三木谷浩史社長は、トライアルではない有料サービスの開始時期について、「1カ月後かもしれないし、年内いっぱいかもしれないが、そのタイミングでネット受付を開始する」と説明した。店頭での受け付けは、スタッフなどの体制を整える必要があるため、さらにその後になる見通しという。

サポーターは、10月から楽天が自前の通信設備のネットワークで事業を行うエリアである東京23区と大阪市、名古屋市と神戸市に住む人で、18歳以上であれば応募できる。楽天モバイルのMNOは、それ以外の地域では当面、KDDI(au)へのローミング(KDDIに接続料を払うことで回線を借りて乗り入れる形)に頼る予定にしている。

サポーターは10月1日に受付を開始し、選ばれた人は11日以降順次使えるようになる。期間は来年3月末まで。アンケートに回答することなどが条件となる。

楽天モバイルの基地局は整備が遅れており、8月26日には総務省から今年3回目の行政指導を受けている。業界関係者の間では、用地や工事の技術者確保などが難航しているという見方が多く、整備の進ちょくへの懸念が広がっている。

次ページ三木谷社長は「基地局建設は順調に回復」と説明
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。