「プロ棋士」を目指す女子校生の知られざる日常

漫画「永世乙女の戦い方」(第2話)

高校生女流棋士、早乙女香の登校は昼過ぎ……!?
『永世乙女の戦い方』(小学館)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

将棋と言えば、男性たちの熱い世界――とイメージされがちですが、実はそうではありません。将棋界の高みを目指して、日々奮闘する女性たちがいます。

高校2年生の早乙女香(さおとめ・こう)もその一人。彼女の前に立ちふさがる、美しくも獰猛なライバルたちとの、熱く冷徹な戦いとは。

注目の「女流将棋」の世界について、将棋界の枠を超えて活躍中の、香川愛生女流三段監修のもと描いた話題作、『永世乙女の戦い方』より、抜粋してご紹介します。

高校生女流棋士、早乙女香の日常とは…

©くずしろ/小学館
次ページ棋譜を並べ始めた香…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT