ファミレスで将棋を指す女子たちが目指す頂点

漫画「永世乙女の戦い方」(第3話)

将棋指しは負けると死ぬ──デビュー戦で負けた相手・角館塔子と再会し、苦い記憶が蘇る香だったが……
『永世乙女の戦い方』(小学館)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

将棋と言えば、男性たちの熱い世界――とイメージされがちですが、実はそうではありません。将棋界の高みを目指して、日々奮闘する女性たちがいます。

高校2年生の早乙女香(さおとめ・こう)もその一人。彼女の前に立ちふさがる、美しくも獰猛なライバルたちとの、熱く冷徹な戦いとは。

注目の「女流将棋」の世界について、将棋界の枠を超えて活躍中の、香川愛生女流三段監修のもと描いた話題作、『永世乙女の戦い方』より、抜粋してご紹介します。

苦い記憶

©くずしろ/小学館
次ページ予期せぬ再会
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT