享年17歳の闘病ブログが10年後の今も残る意味

七回忌で更新を止めたネット墓に見えること

自分の死後も多くの人に伝えたい。その意図をくんで、父ワイルズさんもこう綴っている。

このブログはこのままにしておくつもりです。
ワイルズ両親として、ワイルズが闘病中経験したことが少しでもこのブログを見た方、闘病されている方のお役にたってもらえたらと
(2010年8月8日「ワイルズからの手紙」)

まもなく母ワイルズさんもブログの扱いに慣れて、代わる代わる、ときには連名でアップするようになっていったが、更新頻度は徐々に落ちていく。

8月の15本から9月には5本、10月には2本、2011年3月までは月1本となり、やがて隔月、数カ月おきに。2012年7月に父ワイルズさんが脳出血で倒れてからは、命日付近に1回更新するスタンスをとり、七回忌を迎えた2016年まで続けた。

最後の投稿で母ワイルズさんはこう綴っている。

このブログの更新を今回で最後にしようと思います。
以前から迷っていました。このブログはワイルズの大切な場所で、しかも「がん」や「白血病」、「高校生ブログ」のランキングにも参加しています。(本人の設定) ワイルズ亡き後、親が更新をするということは筋違いな気がして、毎年、罪悪感を感じていました。
七回忌という節目の今回、やっと決心できました。長い間、訪問していただき心より感謝申し上げます。
(2016年8月1日「七回忌 さようなら」)

 

「消滅するならば、静かに諦めます」

最終更新から4年経つが、「ワイルズの闘病記」は役割を終えていない。

最後の日記には2019年まで毎年コメントが書き込まれているし、冒頭で触れたとおり、母ワイルズさんはほぼ毎日アクセスしている。コメント管理が目的だが、「ついでに記事を読んで、懐かしんだり涙することも」あるという。

では、今度はどうしていきたいと考えているのだろう。

「できれば息子のブログやTwitterは、ネット上にずっと存在してほしいと思います。不特定多数の人が見るなかで、息子の言葉に救われる方がいるかもしれない。励まされたり勇気をもらったり。母親である私がいまだにそうです。

しかし、やむをえない事情で消滅するならば、静かに諦めます。しょせん人間の創ったものに永遠なんてないと思いますから」

次ページ運営元がサービス終了したら一網打尽で消滅
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。