41歳で亡くなった金子哲雄さんの「完璧な終活」

終活ジャーナリストになった妻が伝えること

2012年10月に他界した流通ジャーナリスト・金子哲雄氏の妻、金子稚子さん(51)(写真:週刊女性PRIME)

「今回、41歳で、人生における早期リタイア制度を利用させていただいたことに対し、感謝申し上げると同時に、現在、お仕事などにて、お世話になっている関係者のみなさまに、ご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます」

この文面は、流通ジャーナリスト・金子哲雄さんが、生前に自らしたためた会葬礼状だ。2012年10月2日、41歳の若さで“完璧な終活”をしてこの世を去ったことは、大いに話題になった。

病気発覚から2週間で「これも運命だ」

「10万人に1人という希少がん“肺カルチノイド”と診断されたのは、2011年6月のことでした」

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

とは妻・稚子さん。哲雄さんは2008年からメディアに多く登場するようになり、お茶の間目線で“賢いお金の使い方”を解説し一躍、売れっ子に。

診断されたときには、すでに打つ手なしといった状態でした。お医者さんからは“いま、目の前で哲雄さんが亡くなったとしても少しも驚きません”と言われましたから」

出会って約1年の2002年に結婚。この写真はまだ新婚のころ。2003年12月長崎にて(写真:週刊女性PRIME)

当時、哲雄さんはテレビのレギュラーを4本抱え、ノリにノッていた。その少し前から咳き込むことが増えてはいたが、哲雄さんはタバコも酒も飲まない。すでに末期がんだったとは、青天の霹靂なんて言葉では追いつかなかった。

“僕、本当に死んじゃうの!?”と狼狽し、人前に出るとき以外は泣いていました。でも、2週間もしないで“これも運命だ”と言うように。金子は過去を振り返らないタイプなので、“もっと早く医者が見つけてくれれば”みたいなことは一切言わなかった。とにかく、前しか見ない人なんです

次ページ「夫はなんだか楽しそうでした」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ヤマダと組んで赤字脱出なるか<br>崖っぷち大塚家具 “最後”の闘い

昨年末に大塚家具を子会社化したヤマダ電機の大型店で、提携の具体策となる家電と家具のセット販売が始まりました。ただ、ヤマダの業績も振るわず、大塚は自社を立て直す“パーツ”にすぎません。大塚家具ブランドの存在意義さえ危うく、今後1年が正念場です。