教育費が足りない家庭が実行すべき3つの計画

JKが解説「20代は年金を払うと大損するのか」

子供の教育費は「親の老後」にも影響する。もしお金が足りないようなら「前向きな3つのこと」を実行したい(写真:zak/PIXTA)
JKで高2女子の大里花実は、新型コロナをきっかけに、人生についていろいろ考え始めた。すると、自分がいかに世間知らずでお金のことも知らなさすぎることに気づいた。第4回は「お金の計画の立て直し方」について。子供の教育費などでお金が足りなくなりそうな場合、どうすればいいかを家族で考える。
第1回 JKだって超知りたい「大学はいくらかかるのか」
第2回 「大学費用1000万、20年返済」なら毎月いくらか
第3回 親は「子供の大学費用」をどれくらい出すべきか

まずは前回までのあらすじから。高2女子の花実は、所属する「生活科学クラブ」の顧問・エマ先生から「キャッシュフロー表」をもらった。これは大学入学、就職、結婚などといったライフイベントに沿って、毎年の支出、収入、貯蓄などの推移を表した「お金の予定表」。このクラブは家庭生活を科学的に研究するという部活で、花実が自らつくったものだ。

「withコロナ時代」、家計はどう変えるべき?

このキャッシュフロー表で計算したところ、共働きの両親と大学生3年生の姉に加えた大里家4人の家計の貯蓄は、姉の大学卒業時約500万円まで減ることが判明。ここからもし花実が希望の大学の薬学部に入れば初年度約250万円、6年でかかるお金は計約1300万円にもなる。そこで、大里家は「お金の計画」を立て直すことになったというわけだ。

どうやら、家計改善のポイントは「いかに貯められる家計にするか」のようだ。でもこれって、顧問のエマ先生に言わせると、これまでも、これからも変わらずの「家計の鉄則」だそうだ。じゃあ今、違うこと……それは「withコロナの時代だ」ということかもしれない。

花実は、昨日4人で開いた家族会議での両親の言葉が頭から離れない。

「もしかしたら、前のようには戻れないって考えるべきなのかな。あるいは、新しい時代がくるということかもしれない」「私たちは、新しい時代の家計のあり方を考えなくてはいけないのかもね」

「コロナの時代」の「新しい家計のあり方」ってなんだろう。実際48歳のパパの収入は、勤務先が新型コロナの影響による業績悪化でダウンしている。

次ページ今と将来の家計を助ける「3つの前向きな対策」とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT