教育費が足りない家庭が実行すべき3つの計画

JKが解説「20代は年金を払うと大損するのか」

だが父は、「確かに収入はすぐに回復しないかもしれない。だけど、厳しい経済の中で、工夫してやっていこうよ」と明るい。

「そだね」、と花実は思う。できることから始めよう。まずは、その分を少しでもカバーしていくために、大里家は3つの対策を考えた。題して「The three missions of the Osato」。つまり家計としてやるべき「3つのミッション」だ。

節約よりも「収入増」を前向きに考える

まず「ミッション1」は、収入を増やすことだ。

もちろんすぐには難しい。そこで、派遣会社の社員として働いている母からの提案があった。派遣先での正社員登用試験を受けることにしたという。

今回のコロナ騒動で、派遣切りにあった人も多いという。3年の有期雇用契約中のママは、これからのことを考えて一念発起、正社員にチャレンジするのだという。正社員になれれば、収入が増える分、少しは多めに貯蓄できるし、老後にもらう年金の額だって増える。

「45歳という年齢を考えると、この先こんなチャンスも多くはないと思うから『ダメ元』で頑張る! それから、簿記1級を目指して勉強も始めるわ」と、ママ。「人生100年時代」を考えれば、この先70歳くらいまで、あと25年くらい働くことになるかもしれない。なるべく長く働くためにスキルアップをしていくことを決めたのだ。

「スキルを磨いたり、経験を積んだりすることで、少しずつでもキャリアアップはできると思うの。スモールステップでいい。続けることが大事よね」

そうか。ママの言葉は花実に響く。花実には、もっともっと長い未来が続く。自粛ムードの中でなんとなく悲観的になっていたけど、今の花実には、何かマイナスの話があったわけじゃない。どんどん進んでいくのみ。

一方、父にも変化が生まれた。食事の後片付けは進んでやるようになったし、買い物にも率先して行く。お風呂掃除は今やパパの担当だ。おまけに、飲み会がなくなって空いた時間でランニングまで始めた。ママからは「健康的で協力的な夫に変身した!」と高評価だ。

「まぁ、これまでだってしんどいことは多々あった。そううまくはいかないさ。でも、やっていれば、時々大当たりしたりするからね、ワハハ」と父も笑う。

次ページあとの2つも超重要「ミッション2と3」とは? 
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT