ゲームの新巨人「ネクソン」爆速成長が続く理由

時価総額2兆円!社長が語るエンタメ大転換

3つ目がグローバルな産業の変化だ。エンタメ業界全体として、メディアはオフラインからオンラインへと移りつつある。つれて、映画や音楽、スポーツといった一方向のメディアから、ゲームや「TikTok(ティックトック)」のような双方向のメディアへの転換が進んでいる。

――こうした変化は新型コロナの影響も大きいですか。

変化はすでに起こっていたが、コロナの感染拡大によって一層明白になった。大手メディア企業はハリウッドをエンタメ業界の中心だと考えている。ただ俳優のブラッド・ピットは今働いていない。映画を作れないからだ。人々はまだネットフリックスを観ているが、やがてコンテンツが尽きてしまう。

オーウェン・マホニー(Owen Mahoney)/1966年、アメリカ・サンフランシスコ生まれ。2000~2009年に世界的ゲーム開発会社、米エレクトロニック・アーツで経営企画担当シニア・バイス・プレジデントとして大規模M&Aなどを統括。2010年にネクソン入社、取締役CFO(最高財務責任者)に就任。2014年3月から現職。1990年代に日本での在住経験があり、日本語も堪能(写真:ネクソン)

このような状況でもコンテンツを作り続けているのは誰か。それはゲーム会社だ。将来、2020年を思い出して、これがエンタメ業界の転換点だったと振り返るだろう。これからは強力な世界的IP(知的財産、キャラクター)を持ち、あらゆるインタラクティブなメディアで生かせる企業が圧倒的な勝者になる。

実際、(ネクソンにとって最大のIPである)アラド戦記がこれまでに生んだ売り上げはこれまでに150億ドル以上。これは映画『スターウォーズ』シリーズ全作品の興行収入を数十億ドル上回っている。

メディアの中心がゲームに移りつつある

――新型コロナの感染拡大は、エンタメ業界を具体的にどのように変えたのでしょう。

今年1月の時点でグローバルなエンタメ業界の王座に君臨していたのは、明らかにディズニーだった。だが半年がたった今(編集部注:6月下旬)、映画制作は止まり、テーマパークや映画館は閉鎖され、スポーツの試合も開催できない。多くのビジネスが止まってしまった。

コロナ後の「新常態」とどのように向き合っていくべきなのか。「週刊東洋経済プラス」では、経営者やスペシャリストのインタビューを連載中です。(画像をクリックすると一覧ページにジャンプします)

コロナの影響で、物理的なテーマパークと、われわれのメイプルストーリーやアラド戦記のような“バーチャルテーマパーク”の違いがはっきりした。もっともこの2~3年はゲームビジネスが一方向のエンタメよりも3倍近く大きく成長した。

ゲームは収益性も高い。ネクソンは30~40%の営業利益率を出しながら、コンスタントに成長している。(動画配信サービスを手がける)ネットフリックスはアメリカで最大かつ最も重要なメディア企業だと考えられているが、2019年、彼らはフリーキャッシュフローが30億ドルのマイナスだった。メディア業界の中心がゲームへと移りつつある。

「週刊東洋経済プラス」のインタビュー拡大版では「頭打ちの日本のスマホゲーム市場」「ネクソンが急成長した背景」などについても詳しく語っている。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT