おやじスポーツ、野球はこのまま衰えるのか

日本社会の縮図としての野球界

サッカー日本代表に人気を奪われる野球。侍ジャパンは劣勢を挽回できるのか(写真:中西祐介/アフロスポーツ)

サッカーというライバル

英国のスコットランドでセルティックの中村俊輔(現・横浜Fマリノス)を取材していた4年間、現地記者から返答に窮する質問をされることがよくあった。「日本では野球とサッカー、どっちが人気なの?」というものだ。

少し考え、こう答えていた。

「若者にはサッカーが人気で、中年より上には野球かな」

明るい未来が待つ21歳の若者と、老後の人生を過ごしている80歳の高齢者――。プロチームが誕生してからの年齢を人間に例えると、日本におけるサッカーと野球はそう言える。

Jリーグが1993年に産声を挙げた一方、初めてのプロ野球団である大日本東京野球倶楽部(現在の読売ジャイアンツ)が誕生したのは今から80年前の話だ。「スポーツは時代を移す鏡」と言われるが、とりわけ野球にはよく当てはまる。

終戦の1年後にリーグ戦が再開されたプロ野球は、戦後、日本人に生きる活力を与えてきた。川上哲治の下、長嶋茂雄や王貞治が活躍して巨人がV9を達成したのは、高度経済成長の頃に重なる。それから時は経ち、スポーツ界における野球の地位、人気も変わってきた。グローバル化の現在、ダルビッシュ有や田中将大というスーパースターが海を渡るのは当たり前の時代だ。

一方で、取材現場に身を置く記者のひとりとして言わせてもらうと、プロ野球は時代の潮流に乗り遅れている点が少なくない。はたして、人口が減少の一途をたどる日本で、多士済々のエンターテインメント業界とパイを奪い合う中、80歳になったプロ野球は今後、どのように生き延びていくのか。あるいは人間と同じように数十年後、寿命を迎えるのか。現状を見ると、目を覆いたくなるような事実がいくつも浮かび上がってくる。

まず2014年の日本で、ナンバーワンのスポーツコンテンツが、サッカー日本代表であることに異論を持つ者はいないはずだ。

「テレビスポーツデータ年鑑」の調査によると、「普段、テレビで実況中継を見るスポーツ」は、2000年にはプロ野球が78%、サッカー日本代表が41.4%の人数割合だったものの、2011年には前者が43.6%、後者が45%と逆転する(上表参照。ちなみに、同年のJリーグは16.8%、野球の日本代表戦は27.1%)。ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会が開催された2010年には、テレビでの報道件数でサッカーが野球を上回った。

次ページ”遊び”の野球がなくなっている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT