おやじスポーツ、野球はこのまま衰えるのか

日本社会の縮図としての野球界

なぜ、15年間でNPBはMLBにかくも差をつけられてしまったのか。理由のひとつに、MLBの巧みなマーケット戦略が挙げられる。

MLBは自国以外でもファンを開拓すべく、積極的な海外進出に打って出た。黒船の目指した先のひとつが、日本だった。

1995年に野茂英雄が海を渡ったことが大きなきっかけとなり、日本のスーパースターは総じてMLBを目指すようになった。そうした背景に加え、MLBにとって日本人の野球ファン層はちょうど狙い目だった。

たとえば、直近7年間に行われた日本シリーズのテレビ視聴率(関東)を年齢別に見ると、50歳以上男性が15.9%と圧倒的に高い(ビデオリサーチ社調べ。以下同)。反面、20~34歳男性は6.4%、同年代女性は3.7%と悲惨な数字だった(右グラフ参照)。

このデータから推測すると、野球を頻繁にテレビ観戦するのは中年や高齢者だ。アメリカでナイターが行われるのは日本時間午前中に重なり、定年退職を迎えた人にとって見やすい時間帯でもある。さらに言えば、イチローや黒田博樹、上原浩治、田澤純一が世界の大男たちに真っ向から立ち向かうストーリーは、実に日本人好みだ。

三木谷浩史の的を射た言葉

ほかにもMLBの巧みなマーケット戦略はあるが、詳細は他媒体を参照してほしい。むしろ本連載で目を向けたいのは、なぜNPBが成長できていないか、という点だ。

その理由をひもとくうえで、実に的を射た言葉がある。

2004年に球界再編騒動が勃発し、IT企業の楽天が新参入を決めた。その理由について、オーナーの三木谷浩史は球団発行の創業記『原点ノート』でこう明かしている。

「楽天があえて参入を決めた理由。それはある意味で、プロ野球界というのは日本社会の縮図であるという考えにもとづいていました。旧体制の仕組みのなかで、改革のエネルギーを失い、衰退しようとしている。『プロ野球は赤字で当たり前』だというようなことが球界内部の人の口から出るようになっていた。でも本当にそうなのだろうか? 楽天なりの新しい方法論を持ち込めば、健全経営を実現できると思ったのです」

プロ野球界は日本社会の縮図――。実に、言い得て妙である。

オーナーの言葉どおり、楽天球団は13年度に経営の黒字化を果たした。さらにグラウンドでは、創設からわずか9年間で日本一に登り詰めている。はたして新球団の成功は、球界の成功へとつながっていくのだろうか。

全5回にわたる当連載では、野球界の現状と未来に目を背けず、向かい合っていく。

(=敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。