大学入試、小論文が苦手な人に伝えたい「3視点」

キラリと光る魅力的な文章を書くには

文章を書くことが苦手な学生でも、3つの読解法を押さえれば魅力的な文章を完成させられます(写真:zak/PIXTA)  
今や、大学入学者の5~6割を占めるAO入試(総合型選抜)・推薦入試(学校推薦型選抜)。多くの場合、「小論文」が課せられますが、近年ではこの「小論文」が一般入試でも導入されることが多くなってきました。
これは、文章を書くことが苦手な学生にとっては頭の痛い問題です。長い課題文を読み、それに即した文章を何とかひねり出しても、ごく平凡な内容にしかならない……。そこで、河合塾講師で『採点者の心をつかむ 合格する小論文』などの著書を持つ中塚 光之介さんに“簡単にキラリと光る文章が書ける”極意を聞きました。

小論文が書けるようになる3つの読解法

みなさんは、小論文って何を書いたらいいかわからない、また、お堅いことを書かなければならない、と思っていませんか? 

何とかそれっぽいことを書こうとしつつも、結局、平凡な内容になっていませんか? そして何より、自分の体験を小論文に書いてはいけない、と決めつけていませんか? 

それは、大きな勘違いなのです。そもそも僕たちは、自分の頭の中の情報を使って考えています。つまり、自分の体験や経験からしか語ることはできないのです。実は、自分の体験を具体的に考察することこそが、小論文という科目の本当の目的なのです。だからみなさんも、「自分のことを書く」をキーワードにして、小論文の書き方を一変させてほしいのです。

小論文で出題される問題は、内容も形式も多種多様です。条件がないテーマ型から、計算をする必要のある自然科学の問題まで、多岐にわたります。僕も予備校で教えていて、1問目と2問目で、別の教科を教えているように感じることさえあります。

しかし、その問題がテーマ型であっても、自然科学系の問題であっても、押さえておくべき小論文の基本は同じです。

小論文が書けるようになるために最も重要なことは、「読解力」です。ここで言う「読解力」とは、課題文を読み解く力のことです。しかし、「読解力」といってもとても抽象的でわかりにくいですね。ですので、僕はいつも生徒たちには、この「読解力」を身に付けるために、3つの読み方を実践するよう教えています。

読解法① 筋道を理解する読み方
読解法② 自分の体験に当てはめる読み方
読解法③ 自分の見解を見いだすための読み方

「3つもあるのかぁ」という声が聞こえてきそうですが、大事なものは1つです。

次ページ3つの中で最も重要なのは…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。