中国の勤勉な労働者たちに感染が広がった真因

アリババ本社もある浙江省は武漢と深い関係

温州商人を代表とする浙江省の商人たちは、普段は外地を飛び回っている分、年に1度の春節は何としても帰省しようと考える傾向が強いという。その強い望郷の念が、ウイルスを浙江省にさらに流入させることにもなったと考えられている。

武漢市では、新型コロナの危険性が公になる直前の1月18日に4万世帯以上が参加して開かれた地域住民の大宴会が感染拡大に拍車をかけたとみられているが、同時期に武漢市から帰省した人々が、親戚や友人との宴会を通じて、感染を飛び火させた。浙江省でも、武漢帰りの人が参加した飲み会やイベントがクラスターの起点となった。それは歓送迎会シーズンに、海外帰国者が感染を広げた日本の光景と重なる。

テクノロジーで感染爆発を抑え込む

『新型コロナVS中国14億人』(小学館新書)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

ただ、実は浙江省は患者が1200人以上いるにもかかわらず、公式発表の死者は1人にとどまっている。1月末から2月初めには武漢からの流入で多数の感染者が出たものの、2月中旬に入ると感染者は激減し早期に抑え込みの効果が表れたのは、「健康コード」に代表されるテクノロジーの活用も関係しているだろう。

また、温州市は高速道路の料金所を封鎖したほか、生活必需品の買い出しのための外出は、2日に1度、各世帯1人に制限するなど、市民の生活の利便性より感染拡大防止を優先した。

流通が命の商人都市にとって、人や物の流れを止める痛みは甚大だが、新型コロナの傷口をそれ以上広げないために強硬手段に出たのも、商人都市らしい判断だったと言える

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT