中国の勤勉な労働者たちに感染が広がった真因

アリババ本社もある浙江省は武漢と深い関係

感染予防をしながら社員食堂でご飯を食べる社員たち(写真:新華社/アフロ)
数々の著名な企業を輩出している、中国・浙江省。同地はコロナ感染者が中国国内で4番目に多いとされています。その裏側には、武漢と浙江省の歴史的な繋がりが関係しているようです。浦上早苗著『新型コロナVS中国14億人』 から、背景事情をひもときます。

日本は2月13日、新型コロナの拡大を防止するため、中国・湖北省に続き、浙江省に滞在歴のある外国人などの入国も禁止した。浙江省の感染者数は5月13日発表時点で1268人。湖北省、広東省、河南省に次いで中国で4番目に多い(中国だけで感染拡大していた頃、筆者は1つの省で1000人以上感染者が出ていることにおののいたが、今となってみれば、1000人でよく抑えられたとも思うようになった)。

多くの日本人にとって、中国の商業都市としては上海、製造業とITのハブである深圳、首都の北京までしか思い浮かばないかもしれない。だが、浙江省は中国では「商業大省」として知られており、アリババのジャック・マー氏を筆頭に数々の著名起業家を輩出している。アリババが本社を置く杭州市のユニコーン企業(評価額10億ドル以上の未公開企業)は、深圳市より多い(2017年時点)。

浙江省で新型コロナが蔓延した理由について、中国メディアや有識者は「勤勉で開拓精神あふれる浙江商人の機動力が逆作用した」と分析している。北京市の幹部がかつて、「なぜジャック・マーのような起業家は北京ではなく浙江省から現れたのか」と嘆息したという話がある。その言葉に、浙江省の特性だけでなく、新型コロナが他都市より拡大した理由が凝縮されている。

勤勉さと開拓者精神を併せ持つ浙江省

浙江省は沿岸の大都市だが、改革開放後の1980年代に上海、広東省のようには海外からの投資を得られなかった。だが、与えられなかったが故に、勤勉さと開拓者精神を併せ持つ起業家が多数生まれ、民営企業が勃興・成長したと言われる。

マー氏は大学教師をしていた1994年に翻訳会社を設立したが、事業がうまくいかない時期は、ギフトや生花の卸売りをして経営を維持した。マー氏自身も週末になると、同じ浙江省にある中国最大の日用品取引市場「義烏」に足を運び、商品を仕入れていたという。

アリババを設立したときは、中小企業の経営者をターゲットに定め、「すべての商人に使ってもらうインターネットサービス」を目標に掲げた。ターゲットが大企業でも消費者でもなく中小企業だったのは、マー氏の中の浙江省DNAが影響したのだろう。

次ページなぜ浙江省で感染が蔓延したのか
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT