孤独死現場の片付けで業者に騙される人の盲点

ゴミ屋敷など特殊清掃の悪徳業者はこう見抜け

「孤独死物件」や「ゴミ屋敷」などを片付けてくれる特殊清掃業者の中には悪徳な業者もあるという。どのように見抜けばよいのだろうか(筆者撮影)

室内で身内が亡くなってしまった「孤独死物件」、セルフネグレクトなどにより家の中がゴミだらけになってしまった「ゴミ屋敷」――。

どちらも個人で清掃するのは難しい場合が多い。

ならば清掃業者に頼もうと思っても、引っ越し業者のようには簡単に見つからない。ネットで検索すると小さい業者がズラリと並んでいて、どこを選んでいいかわからない。結局、怪しげなランキングサイトや値段がいちばん安そうな業者を選んでしまう人が多い。

しかし、それは実はとても危険だ。

筆者は、2年ほどゴミ屋敷・特殊清掃を専門にしている清掃業者で清掃員として働いた。

その間、よく耳にしたのが、悪徳な業者の存在だった。よその業者でひどい目に合って、仕方なく僕が働く業者に連絡してきた人も少なからずいた。

簡単に悪徳業者といっても、いくつかのパターンがある。僕が働いていた清掃業者「まごのて」の佐々木久史社長からの情報も交えて紹介したい。

1、金銭トラブル

まずは何といっても、お金にまつわるトラブルがいちばん多い。ネットではとにかく『安さ』を売りにしている業者が目立つ。

「軽トラ1台分のゴミ、1万8000円で処理します」

などとうたっている業者もある。

軽トラックには300キロのゴミを載せることができるのだが、処分場で処理するには1万8000円以上の費用がかかる。加えて人件費、車両経費もかかるので間違いなく大赤字だ。

後から値段を吊り上げるのが前提の価格表示

だから、ウェブに書いてある値段はウソであり、後から値段を吊り上げることを前提としている。

「先日うちにきた依頼者は大学生だったんですが、すでに他業者に依頼していて金銭トラブルを起こしていました。その業者は電話での相談では数万円で作業すると言っていたのに、いざ清掃に入った後に『清掃には50万円かかる』と急に値段を上げると言い出したそうです」

2人の清掃員はこわもてで、とても暴力的な口調の人だったという。依頼者は「お金がないから」と断ろうとしたが

「現金がないならカードで払え」

とかなり、強い口調で言ってきた。

密室での出来事なので、依頼者は突っぱねることもできず

「カードの枠が狭いので10万円しか払えない」

と言い訳した。業者は

「なら10万円分だけ片付けてやる」

と言ったが、実際にはゴミを詰めた袋を5つ持っていっただけだった。そして、その作業を終えた後に、さらに依頼者と

「これ以上片付けてもらいたいなら、金融屋を紹介するから、そこで金を借りろ」

と詰め寄った。

次ページ清掃の途中で作業をやめてしまう業者も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT