孤独死現場の片付けで業者に騙される人の盲点

ゴミ屋敷など特殊清掃の悪徳業者はこう見抜け

清掃業者を選択するとき、多くの人はなるべく安い業者を選ぶ人が多い。それはとてもありがちな行為なのだが、そこに落とし穴があるという。

セルフネグレクトされた部屋(筆者撮影)

「依頼者は、清掃会社に対して一方的に情報を与えます。

名前、性別、住所、電話番号、社会的属性、部屋のどこに現金を置いているのか、そんな家族も知らないようなことまで筒抜けになります。そして業者は作業の際、部屋に入って、好き勝手にどこでも見て触ることができるわけです。

清掃業者を選ぶときは、そういうことをされても大丈夫だと思える業者を探さなければいけません」

知り合って間もない人をすぐに信用できるか

例えば、昨日今日知り合った人に、そこまで事細かに自分の情報を伝えたりするだろうか? そして部屋に入れたりするだろうか?

ゴミ屋敷、事故物件は、非常に汚れているので依頼者は、清掃業者に対して引け目を感じてしまいがちだ。

だがたとえ、汚染されていても自分のエリアなのだから、信用できない人が入るのはなるべく防いだほうがよい。

「3社、4社と相見積もりを取る人もいます。少しでも安い業者を選びたいという気持ちはわかります。しかし、相見積もりを取ることで複数の業者を部屋に入れることになります。プライベート空間に入れる人間はなるべく減らし、部屋に呼ぶ前になるべく業者の質を精査したほうがいいです」

多くの日本人には、

「日本は治安がいいし、業者の多くが悪徳ではない」

という幻想がある。実際多くの業界では、そのとおりであることも多い。ただすべてがそうではないことを胸に刻んだほうがよい。

今回は清掃業界をフィーチャーしたが、もちろんほかの業界でも同じような悪徳業者は存在する。

適当に業者を選ぶことによって、その後何年も後悔することになるかもしれない。

くれぐれも慎重に、選択してほしい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT