コロナ後の職場で増える「ざんねんな人」図鑑

困った人に同僚・上司・部下はどう接すべき?

一貫した個性があれば、その仕事を安心して任せられるので、周囲から集団の一員として認められるのです。今日でも「相手を見て態度を変えてはいけない」と言われるのは、このためです。

しかし、私たちは皆、状況に応じて異なる自己が出るものです。例えば、友人同士で破天荒に振る舞っているところに、意中の異性が来たら、思慮深い自己を演じたりします。でも、その場にいた友人に2つの異なる振る舞いを見せてしまうと、どちらが本当の自分か、混乱させてしまいます。

社会心理学では、これを「多重観客問題」と呼んでいます。普通の人は、周囲を混乱させないように気を使って、大きく異なる振る舞いをしないように心がけます。

変心属には、この配慮が足りないのです。彼(女)らは「理解されにくい事態を気にしない」という点で、人目を気にするアピールしたがり屋とは反対の方向性です。

1つのパーソナリティを求めることには限界がある

変心属を見かけたら、「状況に応じて自分らしい対応をしているんだな」と、おおらかに受け止めたいものです。決して、本人に「一貫性のある自己表出」を求めてはいけません。

『職場のざんねんな人図鑑』(技術評論社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

むしろ、それを求めることこそが、過去の習わしへの固執なのです。変心属に過度な負荷をかけないようにしましょう。

人間は複雑な存在です。ときには豹変があってもいいのではないでしょうか。でも、職場での節度ある態度とは裏腹に、職場の裏事情をネット発信している場合は放っておけません。

その場合は、「一貫性のある自己表出」を求めるのではなく、「裏事情の情報発信が社員としての服務規定に違反する」などと警告するのが効果的です。

1人の人間の中には、実は多様な心の働きが潜んでおり、外側から見える表面はわずかなのです。

あなたが「一貫性のある自己表出」が心からできているのならば、やりたいこと、やれること、やれる環境がみんな合致している「幸せな人」であるため、ほかの自己が表面化せずに済んでいるだけなのかもしれません。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。