サロン・デュ・ショコラ パリ「中止」の大波紋

世界最大級のチョコイベント、日本への影響は

パリが中止となったが、次に東京で開催される「サロン・デュ・ショコラ」はどうなるのか。「例年5月のリサーチメインの海外出張も流れ、現地へ足を運ぶという重要なステップが踏めない以上、新ブランドの発掘はできません。この先ギリギリまで先が見えないなか、お客さまの安全を確保しながらどこまでできるか。その形を考えています」。真野さんは、前向きだった。

サロン・デュ・ショコラ パリの会場内(著者撮影)

日本を再認識するバレンタインに

バレンタインに先駆け、毎年「サロン・デュ・ショコラ パリ」で新作を発表する人気パティシエ・ショコラティエの辻口博啓さんは「毎年新しいクリエーションを引っ提げてパリへ行きますが、中止にがっかりはしていません。前向きに捉えています。次のバレンタインは、海外からのショコラティエの来日が少なくなるかもしれないぶん、日本のショコラティエをしっかりと日本人が認識するいい機会になる。僕のクリエーションをしっかり日本で伝えられると思っています」と話している。

「サロン・デュ・ショコラ パリ」はいわゆる「三密」で、試食も多い。近年はカカオ生産国である南米からの出店も増え、アメリカ、アジア、アフリカと大陸を超えて人が集まる。その最大の魅力が、今回の中止の理由となった。

日本のバレンタイン催事も同じく、例年多くの人が集まり、海外から多くのショコラティエが来場する。この先コロナの状況は未知だが、次のバレンタインは、いったん立ち止まり、新しいものによって見えづらくなっていた、身近な物事のよさに改めて目を向けるバレンタインになるかもしれない。外出自粛を機にリラックスして「おうちチョコ」を楽しむ消費者が増えたことから、オンライン販売にも可能性がある。

刻一刻と変わる国内外の状況に対応しながら、次のバレンタインの準備が各所で進められている。2021年のバレンタインは従来と異なるものになり、コロナを乗り越えた先にもつながる、新しいチョコレートの楽しみ方が生まれるかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT