サロン・デュ・ショコラ パリ「中止」の大波紋

世界最大級のチョコイベント、日本への影響は

世界最大級のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ パリ 2020」が中止となった(著者撮影)

2020年10月21日から10月25日までパリのポルト・ドゥ・ヴェルサイユで開催が予定されていた、世界的に有名なチョコレートイベント「サロン・デュ・ショコラ パリ」の中止が決まった。1995年から25回、毎年欠かさず開催されてきたチョコ界のビッグイベントが、新型コロナウイルスの影響を受けて見送りとなる。

パリ旅行をこの時期にあわせるファンも多いので、がっかりしている人も多いだろう。2019年には世界中から250以上のチョコレートブランドが出店した。会場の中は、チョコ、チョコ、チョコ。国内に例えると、東京ビッグサイトや幕張メッセのようなホールに果てしなくチョコレートが並び、購入も試食もできるというイメージだ。入場料金は大人1人15ユーロ(約1800円)と決して安くないが、2019年は約13万人を動員した。

近年エンターテインメント性も高く、チョコ好きには夢のようなイベント。日本からの来場客も多い(筆者撮影)

日本の出店数は世界2位

「サロン・デュ・ショコラ パリ」は日本と関係が深い。日本の出店数はフランスに次いで2位で、メリーチョコレートや明治は、ひときわ大きく華やかなブースを構えている。日本からは多くの百貨店のバレンタイン担当バイヤー、インポーターや製菓学校の生徒らも訪れ、もはや業界のプレバレンタイン行事となりつつあるパリの祭典。今回の中止は、日本のチョコレートブランドやバレンタインに、どんな影響を与えるだろうか。

「サロン・デュ・ショコラ パリは、本音のフィードバックをもらえる貴重な場」と、日本の出店ブランドは口をそろえる。「チョコを食べ慣れたフランス人やトップショコラティエから、毎日あらゆる率直な意見が入ってくる。日本では経験できないことです」(明治の宇都宮洋之さん)。

確かに会場には忖度なしの意見や質問が飛び交っている。日本人ならちょっと遠慮して言わないようなこともずばり。フランス人の多くは、自分の意見を言うのが当たり前と考えているからだ。明治はそんな評価や意見を蓄え、商品開発やバレンタインの展開に活かしてきた。

次ページパリでは「日本から来たのね?」という認知度
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT