頭のいい人が「図を使って考える」3つの理由

AI時代に差が出る「抽象化思考」とは何か

図で考えると考えが整理されて、いいアイデアが思い浮かぶのはなぜでしょうか? (写真:tkc-taka/PIXTA)
優秀なプロジェクトリーダーやコンサルタントが、侃々諤々(かんかんがくがく)の議論を、ホワイトボード上で図を描いて整理し、鮮やかな解決策を導き出していく。ビジネスパーソンなら、こうした光景に一度は遭遇したことがあるはずだ。なぜ頭のいい人は、図を描いて考えるのか。外資系の事業会社やコンサルティングファームを経て、いまはビジネススクールで教鞭をとり、『武器としての図で考える習慣:「抽象化思考」のレッスン』を上梓した筆者が、なぜ図で考えると考えが整理されて、いいアイデアが思い浮かぶのかを解説する。

考える武器としての「図」

誰でも、せっかく何かを「考える」のであれば、よりすばらしいアイデアを出したり、より効果的な問題解決策を導き出したいと思うはずですよね。本質的な解に、できれば短時間でたどり着きたい。そのために、「よく考えよう」「深く考えよう」とするはずです。

『武器としての図で考える習慣:「抽象化思考」のレッスン』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

でも「よく考える」「深く考える」とは、具体的にどうすればいいのでしょうか。この問いに答えることは、意外に難しいものです。

どうすれば「よく考える」「深く考える」ことができるのか。そのヒントは、「よく考えている人」「深く考えている人」の習慣の共通点にあります。

私はコンサルティングファームで、たくさんの優秀なコンサルタントに接してきました。また、若い頃にはアメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)にMBA留学したこともあり、そこには私なんかより何倍も頭のいい人たちがたくさんいました。

そして、私から見て「あの人はよく考えている」「思考がシャープだ」と思うような人、つまり、頭のいい人たちは、よくホワイトボードの前に立ち、「図」を描いていました。そして、「図」を使って大事なことをうまく表現し、巧みに議論を整理しながら本質的な答えを導き出していました。ホワイトボード全体を思考のキャンバスにしていたのです。

図で考えることは、ビジネスで大きな武器を手に入れることにもなります。頭のいい人たち、仕事のできる人たちの多くが、図を使って考え、決断しているのです。実際、何億、何十億円のビジネスジャッジが、図で整理された考えに基づいてなされた現場を、私は何度も見てきました。

次ページ図を使うと、より深く正しく考えることができるのはなぜ?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT