「ダニが逃げ出す家」はココが徹底されている

梅雨時×機密性の高い住環境で大増殖

アース製薬 マーケティング総合企画本部 ブランドマーケティング部の渡辺優一さん。2004年に入社して約8年間、研究部で虫の生態を学びながら商品開発を担当。現在は虫ケア用品のシニアブランドマネージャーを担当(写真提供:アース製薬)

保管も気をつけたい。押し入れやクローゼットは除湿を心がけるほか、キレイにした布団をそのまま押し入れやクローゼットに収納するとダニが繁殖する可能性が高いため、圧縮して密閉するとよいという。

洗濯ができない場合は、スプレーなどでダニを駆除して乾燥させてから除湿剤やダニよけ防虫剤を挟んで収納し、次回使うときも駆除作業をしてから使うなどのひと手間がほしい。

衣類も保管の仕方が重要だ。衣替えの際などには引き出しに掃除機をかけ、ダニよけシートを敷いたり、ダニよけ防虫剤を入れるなどし、衣類もキレイに洗った状態で収納しよう。ただし、シートは有効期限が過ぎるとダニの温床になるので交換も忘れずに。また、できれば久しぶりに着るものは洗ってから着るのがよいそうだ。

市場規模拡大、増える選択肢

「気温が上がり始める4月ごろからの対策が望ましい」と渡辺さんは言うが、ダニの繁殖ピークにある今、対策はしないよりしたほうがいいはず。筆者もこの取材を通じ、ダニよけばかりに重点を置いていた対策を見直しているところだ。幸い、最近では便利な防ダニグッズが豊富である。

2019年の防ダニ製品の市場規模は、2018年の38億円から44億円(同社推計)へと拡大した。ニーズとともに参入企業が増えており、商品の幅も広がっている。例えば前述のダニよけ防虫剤もここ数年で登場した商品だ。「最近人気があるのはダニ捕りシート」と、渡辺さん。ダニを捕獲してそのまま捨てられるという手軽さがウケているのだろう。

また、今まで衣料用洗剤ではウエキの仕上げ材「ダニクリン」などが有名だったが、2019年秋にはついに大手が参入。P&Gが洗剤「アリエール ダニよけプラス」などを発売した。掃除や換気などによる対策に限界を感じている人は、ライフスタイルに合いそうな防ダニグッズも試してみるといいかもしれない。

(※本記事の一部数字やデータは出典に基づいています。出典:アース製薬㈱ ダニ対策の情報サイト【Danny】)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT