「期待以上と思われる人」が人知れずしている事

圧倒的な「当事者意識」がそこにはある

期待以上の仕事をする人が、密かにやっていることとは?(写真:zGel/iStock)
アフターコロナの時代、「働くこと」の変化が加速する中、今後は「自分のキャリアを自分でつくる」ことがより大事になってきています。外資系金融、メガベンチャーを経て、現在日本で人材のプロとして活躍するピョートル氏による「これからのキャリア」について、『CREATE WORK 自分だけのキャリアを作れる人が入社1年目から大切にしていること』よりご紹介します。

リーダーシップは誰でもとれる

「せっかく憧れの会社に入社したけど、ただ言われたことをやるだけになっている」

「経営者に憧れて、自分も世界を変える仕事をするぞ!と入社したけれど、今はそれには程遠い仕事をしていて……。何のために今の会社を選んだのかわからなくなる」

「会社に入って仕事をしているけれど、言われたことをただやるだけ」

そんなことを不満に思っている人もいるのではないでしょうか。 

しかし僕は誰でも、たとえ入ったばかりの新入社員でも、小さなリーダーシップをとって、自分らしく働くことができると思っています。

例えばどんな職場にも、「みんなが気になっているけれど、誰もが忙しくしていて、そのままになっている仕事」があります。みんなの共有の棚が乱雑になっていたり、郵便物を取りにいけていなかったり、プリンターのトナーが片づけられていなかったり。

そんなとき、自主的に動いて片づけていくのも、またリーダーシップなのだと思います。

些細な仕事と思われるかもしれませんが、小さな仕事でも率先してやっていける人は、大きな仕事でも自分から考えて動いていくことができるでしょう。メガベンチャーでは、そういう人に、みんなが目をかけています。

誰に言われるともなく率先してやっていれば、きっと誰かが見ています。「誰も自分に仕事を任せてくれない」と不満に思っているより、自分で仕事を見つけて動いていったほうが、仕事でもよい流れができるはずです。

小さなリーダーシップを発揮できる仕事を、ぜひ自分から見つけにいってください。

「何も言われていないから」と何も貢献しないのでは、そこにいないのと一緒です。

リーダーシップというと、日本では「リーダー職」の人だけが持てばいいもの、と考えられていますが、そんなことはありません。当時のGoogleでは、肩書や権限ではない「影響型」リーダーシップが重視され、すべての人が持つべき主体的な行動と考えられています。

次ページ「犠牲者意識」が強い日本
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。