ヨシダナギが1000万円を投じた「意外な被写体」

アフリカ少数民族の撮影で有名になったが…

20代前半から単身でアフリカに乗り込み、少数民族の撮影をしていたヨシダナギさんが次の被写体に選んだのはドラァグクイーンだった(撮影:伊藤圭)

2019年6月、初夏のパリ。ドラァグクイーンの撮影に臨んでいたヨシダナギは、現れたモデルを見て、息をのんだ。ミュージカル『キャッツ』のようなメイクをしたミニュイという名のドラァグクイーンは、ひげを生やし、衣装から胸毛と腕毛がのぞいていたからだ。

それまでに撮影したクイーンたちは、みな「毛」を処理するか、隠して見えないようにしていた。そのため、ヨシダナギは「撮影した後に、毛を消してあげたほうがいいのかな、消すの大変だな」と感じたという。

このドラァグクイーン・シリーズでは、新しい試みとして、ヨシダナギがモデルとなるクイーンたちにインタビューをして、その動画も写真集に同封することにしていた。この日も、撮影に入る前にミニュイとのインタビューが行われた。そのときに、謎が解けた。

撮影対象を少数民族からドラァグクイーンへ

「いちばん訴えたいのは“したいことを、好きな時、好きな場所でしてもいい”ってこと。本来の自分でいてよくて、誰もが自由に生きていいわけ。女装しながらひげを生やして、胸毛を出している私のような存在でもね。だから問いかけてるの。『見て、私ができるならあなたにも(なんでも)できるのよ!』って。そんなメッセージとして、これ(毛)を残しているの」

「かっこいい!」。ミニュイの言葉を聞いた瞬間、ヨシダナギの胸が熱くなった。同時に、ずっとモヤモヤしていた心がスーッと軽くなるのを感じた。

「世界の辺境に生きる少数民族を撮影する写真家・ヨシダナギ」としてメディアに取り上げられ、評価されるようになってから、いつしか期待される役柄を演じているような気がしていた。

自らの体を張って「自由」を体現するミニュイさん(撮影:ヨシダナギ)
次ページ私が撮りたいものを撮るんだ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT