ソニー、R&Dトップが語るテクノロジーの磨き方

「ものすごいスピードでシナジーを生み出す」

──ソニーが目指す方向はどう変わりますか。

かつもと・とおる 1957年生まれ。82年ソニー入社。ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ社長、R&D・メディカル事業担当専務を経て2020年6月から現職。ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ副社長兼務(撮影:梅谷秀司)

テープレコーダーなどを製造していた時代は「アーカイブ(保存記録)の会社」だったが、近年は「リアルタイムの会社」に変わっている。スポーツ中継を遅延なく放送する、ゲームをクラウドで展開するなどには、応答速度を速くしなくてはいけない。

そのためにわれわれは、通信やネットワークを含めてリアルタイム、リアリティーを極めてきた。今後はそこにリモートという要素が加わった、「3Rテクノロジー」が重要になる。

──具体的には?

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、音楽ライブができなくなっている。アニメや映画の制作でも人が集まらないとできないことが多くて非常に困っている。そこでわれわれの持つ技術を、遠隔地にリモートで展開する。

研究開発でも「人に近づく」

例えば、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントと3次元のバーチャルスタジオを共同開発している。コロナ後も映画制作における強力なツールになるとみており、引き合いが増えている。

──ほかの電機大手と比べて、一般消費者向けのビジネスが多くなっています。

ソニーの多様な事業ポートフォリオの軸は「人に近づく」だ。今年の経営方針説明会では、それをさらに詳しく「人の心を動かす」「人と人をつなぐ」「人を支える」の3つに分けた。今後、注力していく車載のセンシングや医療、金融についても、人々に安全・安心を提供するという意味で「人に近づく」事業。R&Dでもそれは同じだ。

「週刊東洋経済プラス」の7000字インタビューでは、現場から出てきた有望な技術、社名変更による「ソニーグループ」発足でR&Dはどう変わるか、電気自動車を作った狙い、ゲームで何を目指すか、人材獲得の考え方などについて詳細に語っている。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。