ホームレスを襲う未成年の理不尽すぎる暴力

1980年代から今まで断続的に起こっている

こういった凶悪事件が起こるため、ひとりでいると暴力を受けやすいということから、 ホームレスたちは河川敷でも集落を作って生活する。もちろん「ここに、集まって村を作ろう!」と宣言して、人が集まってきたわけではない。ただ結果的に、村としか呼べないくらい小屋が密集した場所になる。集団で暮らせば、助け合うこともできるので、ひとりで生活するより楽になることもある。

ただし、村社会になると村人同士のけんかが発生することが世の常だ。酔っ払って思わず手が出たくらいの話もあるが、刃傷沙汰に発展したケースもある。

1999年9月、加害者のホームレス(52歳)が、同じくホームレス仲間だった3人(57歳、62歳、69歳)をバタフライナイフで刺殺し、荒川に投げ込んだ事件は全国のニュース番組で報道された。犯行理由は、殺された男性のひとりに「俺にばかり水くみさせるな」と言われたことに腹を立てたという。ちなみに彼は犯行時に覚醒剤を使用していたということで「心神耗弱だった」とされ、2006年6月、一審の死刑判決が控訴審判決で破棄され、無期懲役の減刑判決が出ている。

金銭目的で殺人事件に発展するケースも

金銭目的で殺人事件に発展するケースもある。2004年8月には、淀川河川敷でホームレスらが、お金を持っていたホームレス仲間から現金約100万円を奪ったのちに、フライパンで殴打し、粘着テープで縛って、深さ2メートルの穴に生き埋めにして殺害した。この事件が発覚したのは、 10年経った2014年7月だ。ホームレスの2人(53歳と46歳)が捕まって、その後無期懲役の判決が出た。

『ホームレス消滅』(幻冬舎)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

近年でも、2017年11月、荒川河川敷でホームレスが、酒を飲んで口論となり、同じ集落で暮らすホームレス(61歳)をハンマーで撲殺した事件が起きている。

ただ、こういった事件は本当に氷山の一角だ。殺害にまで至らない事件だと、ホームレスは、騒ぎになり河川敷から追い出されることを恐れ、口をつぐんでしまうケースも多い。

また、西成警察のホームレスへの態度は特異ではあるものの、治安を守る立場の警察にぞんざいに扱われた過去がある(と本人が思っている)ホームレスは多く、その場合は警察そのものを信用していないのだ。実際、多摩川の川崎側の河川敷で若者からの暴力被害に遭った男性が、川崎の駅前の交番を訪れたところ、「お前ら(ホームレス)の相手をしているヒマはねえ」と一喝されたという。

河川敷の集落で生きるにも、そこは野外で、人目につきにくい場所である。それなりのリスクが発生する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT