小金持ちはなぜ「お金」を"正しく"使えないのか 誰もが持つ「心の会計」との上手な付き合い方

拡大
縮小

現金をなくしたシナリオだとチケットをなくしたシナリオに比べて「女性はチケットを買いなおす」と答えた人がずっと多くなった理由は、これで説明できるだろう。

そうはいっても、やっぱりわたしたち人間は損することが嫌いらしい。

ダニエル・カーネマン氏が設定した、次の設問に答えてみてほしい。有名な設問なので答えをご存じの人もいるかもしれないが、それはご容赦願いたい。

【問1】あなたは1000ポンドをもらったとする。そして2つの選択肢を与えられた。
  A. コインを投げて勝ったら、もう1000ポンドもらう
  B. 何もしないで、さらに500ポンドもらう

あなたはどちらを選ぶだろうか。大半の人は、確実性を取って「1500ポンドを持って家に帰る」と答える。わたしもそうする。

では、少しシナリオを変えてみよう。

【問2】2000ポンドをもらったとする。選択肢は次の2つだ。
  A. コインを投げて勝ったらそのまま、負けたら半分失う。つまり、負けたら2000ポンドが1000ポンドになる
  B. 何もせず、500ポンド失う。つまり、勝ちも負けもなく、1500ポンドを持って家に帰る

こうすると、コインを投げるほうが魅力的に思えるのではないだろうか。だがよく見ると、どっちに転んでも結果は同じだ。

確実な1500ポンドを選ぶか、賭けを選んで勝って2000ポンドを、負けて1000ポンドを持ち帰るか。このテストをよく知っているわたしでも、文章を読むたび、【問2】ではコインを投げたいと思ってしまう。なぜ【問1】と【問2】で、印象がガラリと変わるのだろうか。

2つの問いで印象が変わる理由

『MIND OVER MONEY 193の心理研究でわかったお金に支配されない13の真実』(あさ出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

すべては言い回しの違いだ。【問1】では「確実な選択肢でもらえる」という言い方をした。1000ポンドもらって、リスクを取らずにさらに500ポンドを手にする。

一方、【問2】では「確実な選択肢で失う」という言い方をした。2000ポンドもらって、「さて、4分の1を返して下さい」と言われている。

【問1】と【問2】でこのように考えが変わることを「損失回避」という。人間全般に見られるこの傾向は、行動経済学の確かな発見の1つで、さまざまな面でお金に関する決断に影響する。

人間は誰でも得をしたいと思うが、それ以上に損をしないことに一生懸命になる生き物でもある。少しでも損をすると思うと、そっちに気を取られて、もっと得をする可能性を後回しにしてしまう。実に悩ましい問題だ。

木尾 糸己 翻訳者
きお いとみ / Itomi Kio

1968年生まれ。金融機関勤務を経て現職

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT