ウーバーイーツの人を街でやたらと見かける訳

身分弱いが自由な時間に働け「雇用の受け皿」に

緊急事態宣言後、ウーバーイーツや出前館といった料理宅配のデリバリーサービスでは利用者が6割増えました。飲食店のみならず、小売店や自治体も宅配サービスに熱い視線を注いでいます。ローソンは5月末までにウーバーイーツの対象店舗を500店に拡大。また神戸市や東京の渋谷区なども宅配サービスと提携し、利用を促しています。

こうした特需を受け、宅配サービス各社はこぞって配達員の確保を活発化させています。宅配ピザチェーンの「ドミノ・ピザ」では、正社員200人とアルバイト5000人の計5200人の採用を目指すことを発表するなど、業界全体で雇用拡大の機運が高まっているのです。

デリバリーギグワーカー

配達員の募集が増えたからといって、人が集まるかどうかはまた別の問題。「忙しすぎると身体がもたないのでは」「感染リスクは大丈夫なんだろうか」などとコロナ環境がブレーキとなることも考えられます。そんな中でウーバーイーツの配達員になりたい人が急増し、人材確保に困っていないのはなぜなのでしょうか。

その理由は特有の働き方にあります。

配達員の多くは「ギグワーカー」と呼ばれる人たちです。ギグワーカーとは、インターネット上のプラットフォームサービスを介して単発の仕事を請け負う労働者のことを指します。自分の裁量でスキルや時間を切り売りして働く自由さや気軽さが特徴で、その代表がウーバーイーツなのです。ちなみに「ギグ」とは音楽領域の英語で、ライブハウスでの短い演奏セッションやクラブでの一度限りの演奏を意味するスラング「ギグ(gig)」に由来しています。

ギグワーカーは、仕事の獲得が不安定だったり、事故の補償がなかったり、トラブル時の責任負担が大きかったりするといった問題も指摘されています。一方ですぐに働けてすぐに稼げるという形態は、今は貴重です。また職を失ってまではいなくとも収入が減った人の副業ニーズにもフィットしています。そもそも配達の仕事は働く時間の融通が利きやすく、「1日3時間だけ」などスキマ時間に単発で稼ぐ働き方が主流です。

単発のデリバリーに特化したアルバイトを提供する「ショットワークスデリバリー」では、直近4月の応募が1月と比べ3割~5割増えています。コロナ禍の今、ギグ=単発という働き方はある意味で理にかなっているのでしょう。

次ページコロナが収まるまで従業シェア
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。