ウーバーイーツの人を街でやたらと見かける訳

身分弱いが自由な時間に働け「雇用の受け皿」に

ウーバーイーツの配達員がここまで急増したワケは?(撮影:梅谷 秀司)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言後、人通りの減った都心部でも、郊外の商店街でも、「ウーバーイーツ(UberEats)」のロゴが入った黒の四角いバッグを背負い、自転車や原動機付き自転車にまたがった若者たちの姿をよく見かけるようになりました。ウーバーイーツはモバイルアプリを使って対応する飲食店に出前を頼めるサービス。宅配するのは飲食店の従業員ではなく、ウーバーイーツに登録している配達員です。

新型コロナの影響で3月下旬に居酒屋のバイトを失ったフリーターの森山さん(仮名)は、4月半ばにウーバーイーツの配達員の仕事を始めました。「生活費が底をつきそうで。サクッと登録できて稼げるようになった」と顔をほころばせながら語ってくれました。

ウーバーイーツのバッグが高額で転売

ウーバーイーツで働く人は、オンラインで仮登録をしたうえで、各地にある登録センターに赴き、その時にあのロゴが入ったバッグ(ウバッグというらしい)を購入し、説明を受ければ登録が完了。ここまではやや手間がかかりますが、その後は個人事業者として、自分の都合のいい時間に配達員として働けます。

登録すれば面接や履歴書も必要なくすぐ働けてすぐお金がもらえる。コロナで職を失い収入確保に追われている人にとって、こうしたスピード感とお手軽感は何よりもありがたいはず。

そして実はいま、ウーバーイーツの登録センターは閉鎖されています。あの四角いバッグはアマゾンで購入できることになり、最終登録に関する説明や質疑応答もすべてオンラインで完結することになりました。

おかげで想定外のことが起きています。ウバッグがアマゾンで簡単に買えることになったことで購入者が殺到、買い占めて転売する動きもあり価格が高騰しているのです。正規で4000円くらいだった価格が、一時期は2万円を超える状態となりました。ヤフオクやメルカリでも倍以上で売られています。いまだ入荷のめどはたっていないようですが、それにしてもウーバーイーツ(で働きたい)人気の凄まじさを物語っています。

次ページエッセンシャル・ワーカーの活躍
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。