「自由」を危機にさらす「全員PCR検査論」の罠

「誰のためのPCR検査なのか」冷静に考えたい

一人ひとりの工夫で対策したい(写真:ロイター/アフロ)

そこを訪れる人の行動半径の小ささからしても、児童公園が集団感染のハブになるのなら、連休前の急激な感染拡大期などに練馬区中村クラスターや港区南麻布クラスターなどというような狭い地域における集団感染が、少なからず観察されていたはずである。それが一例も報告されていないこと自体、専門家会議のいう「3密」のうちの「密閉」の条件を満たさない児童公園は、そもそもクラスターになりにくいことを示しているように思われる。

私たちが心掛けることは、感染者を探し出すことでもないし、官製自粛運動からはみ出した他者を糾弾することでもない。自分が感染者かもしれない可能性を踏まえて自律的に行動することである。起こっていることに対する理解と自律的行動――それこそが自由の基盤である。日本は、いかに苦しくても、自由の心を守りながら、この事態に対していくべきと筆者は思っている。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。