「豊臣秀吉」に仕えた2人の武将それぞれの決断

黒田孝高、藤堂高虎から私たちが学ぶこと

現代人と同様、戦国から江戸初期にかけて生きた武将たちもさまざまな条件下で、悩みながら決断を下してきた(写真:Webサイト 日本の城写真集)
人間、いつも最善の選択ができるとは限らない。人間関係、時間、お金……etc。さまざまな条件がある中で、悩みながら判断を下さなければならないのは、現代人も戦国から江戸初期にかけて生きた武将たちも同じはず。
そこで、NHKの『その時歴史が動いた』をはじめ多くの番組、著書で歴史をひもといてきた松平定知さんの最新著書『一城一話 55の物語 戦国の名将、敗将、女たちに学ぶ』から2人の武将が下した決断の意味に迫る。

天下を本当に狙った知謀の人、黒田孝高(官兵衛)

天正10(1582)年6月2日明け方、本能寺の変が勃発。当時羽柴秀吉は、備中高松城で毛利軍と対峙していましたが、翌3日明智光秀が毛利方に送った密使がたまたま、秀吉軍に迷い込んだことから、織田信長の死を知ることになります。悲嘆にくれる秀吉に「さあ、天下をお取りくださいませ」とささやいたのが黒田孝高です。

冷静な孝高は「信長の死を信長の家臣たちはまだ誰も知らないであろう」「京にいち早く戻り、明智光秀を討ち取れば、有力な後継者になれるであろう」という2つのことを直感的に感じ取り、秀吉に進言したのがこの言葉です。

秀吉の軍師として活躍した孝高ですが、秀吉はその知謀がいつの日か自分に向けられるのでは? と思うようになっていきます。

「儂(わし)に代わって天下を治めるのは誰だ?」との問いに家臣たちは前田利家や徳川家康の名を挙げましたが、秀吉は「官兵衛だ」と言ったという話が伝わっています。これを伝え聞いた孝高は「このままでは殺される!」と思い、秀吉のもとを去り、家督を息子の長政に譲ります。

孝高の人生がターニングポイントを迎えるのは秀吉が慶長3(1598)年に伏見城で亡くなってからです。その後の徳川家康の動きから、やがて天下をめぐって、一大決戦があるだろうことを、孝高は確信します。

次ページ慶長5(1600)年関ヶ原の合戦
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT