自粛中の今こそ「遺言書」を記すべき納得の理由

大切な人を"争族"に巻き込まない50代の鉄則

そのため、このような遺言があれば、残された配偶者は故人の兄弟姉妹と遺産分割協議をすることもなく、全財産を相続することができるのです。

『55歳になったら遺言を書きなさい』(あさ出版)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

また、この遺言は別の効果も備えています。

亡くなった妻は一人っ子だと聞いていたのに、戸籍謄本をすべて収集したら、妻の父親に前妻との間の子どもがいることが判明する、ということも時々あります。妻もおそらく会ったことさえ、いやもしかしたら存在さえ知らなかった兄弟が、戸籍の中から突然現れることがあるのです。

しかし、この見知らぬ兄弟も立派な法定相続人です。残された夫はその人を探し出し、遺産分割協議をし、先方が主張すれば相続財産を渡すことにも応じなければなりません。このような隠れリスクを排除するためにも、「全財産を妻へ」「全財産を夫へ」と書き合っておく遺言が有効です。

この一言さえあれば、その兄弟を探す必要もなく、すべての財産を配偶者が相続できるのです。故人の兄弟姉妹には遺留分がないのですから。

遺言は自分と家族と財産を守る"武器"

この事例でご理解いただけたかと思いますが、相続について民法はさまざまなことを定めています。こうした法律の定めを遺言でうまく活用すれば、家族を守ることができるのです。

それだけではありません。ご自身に「こうした団体に寄付したい」などの思いがあっても、遺言がなければ一つも実現しません。遺言がなければ、相続人以外の人・団体にいっさい財産が渡ることはないのです。

思いがあるなら、必ず遺言を――。気力と知力と判断力と決断力が充実しているうちに、十分な時間を使って、遺言という“武器”を味方につけてください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT