京都に来たら一度は行きたい和菓子の老舗名店

「甘いもの嫌いな人」も喜ぶ美味絶品の数々

ふたばの豆餅など、京都で一度は行きたい「和菓子の老舗名店」とは?(写真:時事通信)
京都造形芸術大学から教授の誘いが来たことがきっかけで、中心部である中京区に暮らすことになった元「小説新潮」編集長の校條剛氏。4年間暮らしてわかった「京都の和菓子事情」とは? 新書『にわか<京都人>宣言』から一部抜粋・再構成してお届けする。

京都の和菓子の名店がわかる2冊の手帳

京都の書店で買い求めた2冊の手帳がある。手帳と表記しているが、半分はガイドの役目を果たしている便利な代物だ。京都の書店では2社が競合している。宮帯出版社の『京ごよみ手帳』と、光村推古書院の『京都手帖』である。

この2冊で紹介されている和菓子の店を挙げてみよう。なお、和菓子店という呼び方は、京都では正確ではないという指摘がある。確かに我々が和菓子店と呼んでいる店の暖簾には、たいてい「御菓子司」と書かれている。「司」は「つかさどる」だから、単なる販売者ではない。伝統ある技術を代々受け継いできた主人が、深く根を張っている店なのだ。東京ではこの看板を出している店は少ないだろう。

さて、京都の手帳二種に掲載されているお菓子屋だが、それぞれ方針が異なっていて、『京ごよみ手帳』のほうは「俵屋吉富」とか、「聖護院八ッ橋総本店」など、旅行ガイド本にも紹介されている有名店を選んでいるのに対して、『京都手帖』のほうは新興の洋菓子店の商品を多く載せているし、和菓子も現代感覚の新しい品々を載せている。

七條甘春堂「天の川」という美しい夏菓子などその一つだ。ディープな京都人とおぼしき入江敦彦の『京都人だけが知っている』(洋泉社新書)では、さすがの辛口な語りで、観光客向けの「手帳」などでは紹介されていない店の存在や、京都土産の定番「八ッ橋」にまつわるエピソードなどが書かれていて面白いが、一般人がやはりそこまで知る必要はないとも思えてくる。

次ページ行列嫌いの京都人が並んで求める「ふたばの豆餅」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。