殺気立つ英語圏の人がアジア人に浴びせる罵声

「あぶない英語」が放たれたらとにかく逃げよ

また、マスクをしている女性が、diseased bitch(病気の雌犬)とののしられた例を挙げています。本文では伏字(diseased b****)でしたが、私が補足しました。男性でしたらdiseased bastard(病気野郎)と言われたかもしれません。続けて、各メディアで報道されているタイ系アメリカ人がののしられた言葉を2つ挙げましょう。

"Everything comes from China because they're f****** disgusting," (なんでも中国から入ってきやがる。だからムカつくんだよ)この伏字の部分にはもちろんfuckingが入ります。

"They can be so smart and be like, 'Oh yeah, I developed this, I developed that.' But like yeah, you can't even wipe your a**."(やつらは頭がいいかも知れねえ、「そうだよ、私がこれを作ったんだ、あれも」って感じで。でもな、てめえのケツさえも拭けねえんだよ)この伏字の部分にはassが入ります。「てめえのケツも拭けねえくせに」という意味ですが、要はコロナの後始末もできねえくせにと言いたいのでしょう。

このような英語を聞いたら、その場を離れるのがいいです。たとえ言われた側が言い返したくても、悔しくても、関わってはいけません。このような言葉の次に来るのは暴力の可能性が高いからです。日本では、まさかこのタイミングで殴ることはないだろうというタイミングで殴ってきますから、距離を置かなければならないのです。

もう1つ付け加えると、こういう場合は間違っても"I'm Japanese".と言ってはいけません。このタイプの日本人は多いと思いますが、場違いです。相手からしてみれば、中国人だろうが韓国人だろうが日本人だろうが関係がありませんし、見分けもつきません。「お前らアジア人のせいで病気になってんだよ!」と怒っているのですから、国籍は関係ありません。

アジア諸国で日本人だからと優遇された経験のある日本人はつい、日本人であることを主張しがちですが、通用しません。君子危うきに近寄らず、です。証拠をとるために、スマホで撮影しても火に油を注ぐ可能性が高いですし、スマホそのものを盗まれる可能性があります。

ホームレスにアジア人が襲撃される

アメリカではニューヨークがホットスポットになっています。私の友人のニューヨーク州で弁護士をしているアメリカ人に、ロックダウン生活を聞いてみたところ、「極めて退屈だし、自分の専門分野の仕事をリモートワークでこなすのは難しい」「でも、買い物も行けるし、食材の配達もできるし、至って平穏だ」と言っていました。

『New York Daily News』によると、コロナウイルスによるロックダウン後、3月後半だけで1年前の同時期に比べ、犯罪が20%増加したそうです。アジア人が襲撃される事件も頻発しています。

3月27日付の『New York Daily News』によると、過去1週間で、アメリカ全土においてアジア系アメリカ人がコロナ関連で受けた差別は700件にも及ぶそうです。インターネット上の誹謗中傷から、街中や公共交通機関での暴言、暴力まで、差別は多岐にわたります。

このニュースについても聞いてみましたが、「ホームレスにアジア人が襲撃されることはよくあること。アジア人が差別を受けることも、コロナ以前から存在していた問題だ」と言っていました。

次ページ富裕層の住む地域とは事情が違う
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT