40代で「うつ」にならない人のちょっとした習慣

誰にでもできるうつを寄せ付けない方法

あれこれ考えすぎると、うつになる可能性がある。うつを寄せ付けいない、マイナス思考を変える7つの方法を紹介(写真:nonpii/PIXTA)

新型コロナウイルスによる外出自粛や社会活動の低下、将来への不安などにより、私たちの心も大きな影響を受けている。

もとより、うつは身近な病気。私が編集長を務める雑誌『ハルメク』の読者は50代以降の女性が中心だが、介護や子どもなどの問題で気分が落ち込み、うつを心配する方は少なくない。放っておくと将来、認知症になるリスクも上がるため、早めに確実に治すことが重要だ。そこで今回は、うつのサインの見つけ方、予防法、最新治療法を紹介する。

単なる「気分」ですませないで

気持ちが落ち込んだり、やる気が出なかったりすることは、誰にでもある。しかしそんな状態が2週間以上続き、日常生活にも支障が出ているなら、うつかもしれない。

厚生労働省による「2017年患者調査」によれば、うつ病をはじめとした「気分障害」(躁うつ病も含む)は、男性より女性に多く発症する。年代別に見ると、女性の発症は40代でグンと増え、50~70代でも多い状態が続く。

「女性の場合は、人間関係、とくに子どもや夫など家族の悩みから、うつになる方が多いですね。子どもが巣立った寂しさや一人暮らしになった孤独感を訴える方もいます」。こう話すのは、うつの治療に詳しい川村総合診療院院長の川村則行さんだ。

うつの症状というと、憂うつな気分や気力の低下などを思い浮かべるが、ほかにも意外に多いのが「眠れない」「疲れやすい」「食欲がない」といった体の症状だ。「痛みがしつこく続く、耳鳴りやめまいがなかなか治らないという背景に、うつが隠れていることもあります」と川村さん。

次ページうつ症状がないかわかる「チェックリスト」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ後を生き抜く
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT