40代で「うつ」にならない人のちょっとした習慣

誰にでもできるうつを寄せ付けない方法

「ストレスを抱えて悩んだり、過去のつらい経験を何度も思い出したり、マイナス思考でくよくよしたりしていると、神経伝達物質がどんどん使われ、減っていきます。“考えすぎ”はうつにつながりますから、要注意です」(川村さん)

考えすぎ、悩みすぎ、ものごとをつい悪い方向に捉えてしまうマイナス思考……。心当たりのある方は、うつになりやすいタイプと言える。うつを寄せ付けない「心の習慣」を、川村さんに聞いた。

考えすぎないための7つの習慣

習慣1:眠る前はお花畑にいる気分で

不安があると眠れなくなりがち。眠れないとさらに不安が増すから、まずは睡眠の改善が重要だ。そこで川村さんがすすめるのは、寝る30分前から“自分をやめる”こと。

「とにかく自分のことを考えないようにします。頭の中に自分が登場すると、どうしても考えが暗くなるからです。寝る前は、きれいな景色やかわいい動物など好きなもの思い浮かべ、心軽やかな“お花畑状態”にしましょう」

習慣2:初めて会った人を1分間褒める

日本は自分を下げることで相手を上げる謙遜の文化。でも自分を下げすぎると自己肯定感まで低下してしまう。そこで川村さんが提案するのが、「自分を下げずに相手を上げる方法」。つまり相手を褒めることだ。

「褒めグセがつくと思考が前向きになります。初対面の人を1分間褒め合う集団心理療法を行うと場が和み、人間関係もよくなります」

習慣3:「わからなくて、できないこと」は諦める

問題には解決できるものとできないものがある。「悩みすぎないためには、できないことは諦めるのが一番。その問題が解決可能かどうか、まずは仕分ける習慣を」と川村さん。

次ページうつになる人はせっかちな傾向が強い
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。