来店激減のスポーツジムが「唯一伸ばせる余地」

緊急事態宣言で「運動不足」はさらに加速する

取材時に伺ってみたところ、「筋肉痛にならなくても大丈夫」(竹尾氏)とのことだ。初心者としてはトレーナーのアドバイスが欲しいが、チャットなどで上級経験者に聞いてみるのもよさそうだ。

有酸素運動としての効果は高いようで、ウォーキングを数十分行ったときと同様の感覚を覚えた。ストレッチと合わせて10分にも満たないながら、いい運動になることは間違いない。「この時間にアプリを立ち上げる」などと、習慣に組み込んでしまえば、案外、簡単に続きそうに思える。

4月1日に追加された無料で利用できる「#staystrong」カテゴリー(写真:WEBGYMのアプリより)

「脂肪燃焼効果が表れるのは開始後20分後から」などと以前は言われていたが、今は、例えば10分ずつの運動を、間に時間を置いて行っても効果があることが知られている。むしろ、生活の中でスキマ時間を利用しつつ、トータルでの運動量をなるべく多くすることが健康には望ましいという考え方が主流だ。

つまりオンラインフィットネスを利用しても、運動機会を増やすことに意味があるということだ。

WEBGYMの特徴をまとめると、メニューの豊富さや、テンポのよい声かけなどで、トレーナーといっしょに運動している臨場感が味わえること。また使いやすく、習慣に取り入れやすいことなどが挙げられるだろうか。比較的歴史が長く、50万人のユーザーが使ってきているだけに、使用感などにおいて洗練されているのかもしれない。

リアルジムのノウハウが強み

そのほか強みとなっているのが、リアルジムのノウハウだ。例えば同社の社員のほとんどが元ジムトレーナーだそうで、竹尾氏も今はプラットフォームの構築などを行っているものの、以前はトレーナーだったそうだ。

アプリ内でユーザーに向ける「お疲れ様でした」「よく頑張りました」などの賞賛の言葉や、プレミアム会員(1カ月980円、3カ月2600円、年間8900円)が受けられるトレーニングアドバイスのアルゴリズムも、トレーナーとしてのノウハウを基に考えられている。

トレーナーはハードな仕事だけに、セカンドキャリアに悩む人が多いという話を聞く。社員としてスキルを生かせる同社の社風は、そうした課題への1つの答えになりそうだ。また、今回のコロナウイルスでレッスンが減ったトレーナーをWEBGYMで起用するなど、支援策にもなっているようだ。

上の画像をクリックすると、「コロナショック」が波及する経済・社会・政治の動きを多面的にリポートした記事の一覧にジャンプします

WEBGYMの、2〜3月のダウンロード数(新規会員数)は平時の2.5倍程度になっているとのこと。

プレミアム会員については、通常は2週間の無料期間を設けているが、3月からは1カ月に延長して開放。また4月1日からはSNSで話題の「#stayhome」(外出を自粛しよう)をもじった「#staystrong」というカテゴリーを新設し、自宅でしっかりと運動ができるメニューをそろえた。

今、ストレスや運動不足に対抗してほしいと、アスリートがトレーニング動画をアップする動きが注目されているが、サービスのほうもバリエーションが増えてきており、無料のものも多い。これを機会にいろいろと試して、とにかく運動習慣をつけるのに役立てるといい。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT